【生産管理の方必見】おすすめの本3選!|初心者の方向け

こんにちは。当サイトを運営しているヒデといいます。

この記事では、

  • 生産管理の仕事に必要な知識を学びたい
  • 生産管理に配属が決まったけど、何をやったらいいか分からず悩んでいる
  • 同期に負けたくない、差をつけたい

という人向けに、生産管理の方必見のおすすめ本を紹介いたします。

わたしは、生産管理歴10年目で、「QC検定2級」という資格も取得しています。

そんなわたしが今まで読んできた本の中で、

  • 生産管理として働き始めたばかりの人は読んで損はない
  • 文字ばかりではなく、図解や表が多めで読みやすい

と感じた本を3つ厳選し、ご紹介いたします。

必要最低限の基礎知識を学べる本に絞っているため、初心者の方には役立つ本となっているかと思いますが、基礎知識は十分習得しているといった方には物足りないかと思いますのでご了承お願いします。

1.【生産管理の方必見】おすすめの本3選!

おすすめ①:[ポイント図解]生産管理の基本が面白いほどわかる本

この本は、生産管理に必要な最低限の知識が凝縮され、分かりやすくまとめられた本となっています。

この1冊を読めば、生産管理の業務の全体像を理解することができます。

この本は初心者の方に、「最初の1冊」としておすすめできます。

この本のポイント

  • 生産管理の業務の流れが、一通り理解できる
  • 1ページ毎に図表が入っているので、めちゃくちゃ見やすい!
  • 比較的新しい(初版2017年)ため、情報が新鮮

生産管理の基礎知識を学ぶのには、一先ずこの1冊があれば良いと思います!

 

kindle版はこちら⇩

[ポイント図解]生産管理の基本が面白いほどわかる本

おすすめ②:トコトンやさしい作業改善の本

この本は、トヨタ生産方式に基づいた現場作業の改善手法が分かりやすくまとめられています。

生産管理の大きな役割である、QCDの向上を図る上で、現場の改善は必須事項です。

この本を読めば、そんな重要な現場改善のポイントや進め方が理解できます。

この本のポイント

  • 現場改善について、進め方のポイントが理解できる
  • 1ページ毎に図表が入っているので、めちゃくちゃ見やすい!
  • 要点が箇条書きでシンプルにまとめられている

正直、今でもこの本は読み返しており、手放せない本になっています。

おすすめ③:QCサークルのためのQCストーリー入門ー問題解決と報告・発表に強くなる

会社でQCサークル活動が有る方におすすめの本で、QCサークル活動の進め方から報告書の作成方法、発表のポイントまでくわしく学ぶことができます。

この1冊を読めば、QCサークル活動について、困ることがほとんどなくなると思います。

QCストーリーのステップに沿って、どんなことを進めていけばいいのか、進めるポイント、どのような手法を活用すればいいのか、図表多めで解説してくれています。

この本のポイント

  • QCサークル活動について、網羅的に理解できる
  • かなり図表多めで読みやすい
  • ステップごとに事例がついているので理解しやすい

今でも、QCサークル活動のたびにお世話になっている本。

読み過ぎて、ぼろぼろになっています。それぐらい活躍する機会は多いと思います。

会社にQCサークル活動がある方は、ぜひおすすめの1冊ですよ。

おすすめ②の「トコトンやさしい作業改善の本」と合わせて持っておけば、改善活動についてはほぼほぼ困ることはないと思います。

2.まとめ

今回ご紹介させていただいた本は、どれも2,000円もしません。

飲み会1回我慢すれば、お釣りがきます。それで、仕事に役立つ知識・ノウハウが学べるのです。

ぜひ、自分への投資と思って、まずは気になった1冊からだけでも読んでもらえればと思います。

今回おすすめした本は、生産管理の業務をレベルアップさせてくれるのに役立ってくれるはずです。

小さな投資が、将来ライバルに差をつける1歩になりますよ。

では、今回は以上となります。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました