生産管理ってやりがい有る仕事なの?【10年勤めてみて】

生産管理の仕事ってやりがいあるのかな?

と疑問をお持ちではないでしょうか。

本記事では、生産管理のやりがいについて解説いたします。

実際に約10年、生産管理として勤務しているわたしが、やりがいを感じながら仕事をできているかご紹介させて頂きます。

生産管理に興味がある方、生産管理の道に進みたいと考えている方、生産管理に配属が決まってすぐの方などは、ぜひ参考にしてみて下さい。

生産管理ってどんなことするの?
という方はまずこちらの記事を読んでみて下さい。

 

生産管理ってやりがい有る仕事なの?

まず結論から。

生産管理の仕事にやりがいはあります

では、どういうところにやりがいを感じるのか気になりますよね。

10年間生産管理として働いているわたしが、個人的にやりがいを感じた場面をいくつかご紹介いたします。

あくまで個人の一意見ですので、ご参考までに。

1.客先に喜んで貰えたとき

客先に喜んでもらえた時はやりがいを感じます

これはどんな仕事でもそうだと思いますが、客先に喜んで貰えたときはやはり大きなやりがいを感じます

客先が求めるニーズに応えることができ、担当の方から

ありがとうございました。助かりました。

の一言を言われたときは、心の底から仕事を頑張ってよかったと思えます。

急な短納期の仕事が入り、客先も非常に困っている状況で、最善のスケジュールを練り、計画通りに進んでいるか進捗管理し、希望の納期どおり納品できたとき。

こんな品質の製品が欲しいという要望に、設計や現場と意見を交わしながら、要望される品質の製品を完成させれたとき。

客先から感謝されると嬉しいものですよ。

どんな仕事もそうだと思いますが、客先に感謝されることが仕事の本質だと感じています。

生産管理は生産から出荷までの多くの工程に携われるので、幅広い業務に携わることができます。

色々なことに挑戦できるのも魅力の1つです。

2.現場に認めて貰えたとき

現場に認めてもらえた時、大きなやりがいを感じることができました

実際に製品を製造するのは現場であり、生産管理ではありません。

生産管理ではよくあることかと思いますが、入社したての若いときに、現場に意見を言っても、あまり相手にしてくれないのです。

現場は現場のプライドを持って仕事をしており、いわゆる職人気質の人も少なくありません。

だからこそ、生産に直接携わっていない生産管理の若手の意見が通ることは少ないのです。

私も入社したての頃は、現場とよく衝突していました(汗)。

ですが、あきらめず何度も意見を交わしたり、必死で現場を理解しようと勉強したりする姿勢を見せていると、徐々に意見を聞いてもらえるようになりました。

ここ最近では、私の意見を尊重してくれることも増えてきました。

最初は苦労しましたが、苦労を乗り越え、現場に認めてもらえるようになると、仕事も一気に楽しくなりました。

これから生産管理として働いていく方で、同じような経験を体験するようになったときは、決してあきらめず、現場に誠意を見せ、いつか認めてもらえるよう頑張っていってください。

私もまだまだですので、これからも必死で勉強していきます。

3.成長を感じたとき

生産管理という仕事は、色々な人と関わって仕事をしています。

外注業者、同じ部署、営業、設計、客先、現場など

多くの人と関わり仕事を進めていきます。

その中で円滑に仕事を回して行く為にはどうしたらいいか、日々考えながら工夫をして仕事をしています。

そうすることで、数年ごとに昔の自分と比べて

話し方が変わった、話す表情が変わった、会話のネタが増えた

など変化を実感することがあります。

実際に、頻繁に会うことのない人に久しぶりに会って話をすると、話し方が変わった、成長したと言ってくれることがあります。

このように成長を感じたときにやりがいを感じました。

生産管理の業務に携わることで

  • コミュニケーション能力
  • 折衝力
  • 交渉力
  • 計画性

このような力は伸ばすことができます。

まとめ

生産管理の仕事はやりがいが有ります

製造業において、欠かせない要因であり、生産から出荷までの工程をすべて生産管理がコントロールしていきます。

様々な人との関わりも多いので、色々なスキルや能力が身に付きます。

約10年間、生産管理として働いてみて、大変だと感じることも多いですが、今はそれ以上に楽しんで働くことができています。

生産管理に興味がある、ものづくりに関わる仕事がしてみたいと考えている人は候補に入れてみても良いかと思います。

では、本日は以上となります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました