生産管理歴10年の会社員の1日のスケジュールを公開

生産管理の1日ってどんなことをするの?

と疑問をお持ちではないでしょうか。

 

本記事では、生産管理歴10年のわたしの実際の1日のスケジュールをご紹介いたします。
生産管理に就職したいけど、どんな業務をして1日を過ごしているのか気になるという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

生産管理についてまだあまり分かっていない方は、まずこちらの記事をおススメします。

 

生産管理歴10年の会社員の1日のスケジュールを公開

生産管理として約10年勤務を続けている私のとある1日のスケジュールをご紹介いたします。

なお、私の会社は製造業の工作機械メーカーで、

上場企業ではなく、非上場の地方の中小企業です。

生産管理でも色々な業種があると思いますので、機械メーカーなどの近い業界での生産管理を目指している方には参考になるかと思いますが、アパレル等の生産管理を目指している方には参考にならないかと思います。

1.とある1日のスケジュール

8:00 始業、朝礼、ラジオ体操

 ⇒ 始業前にメールチェック、当日のスケジュールの確認等をやっています。

   毎日ラジオ体操から1日が始まります。

   朝礼では、本日の各自の予定や連絡事を5分程度で発表します。

8:30 生産計画チェック

 ⇒ 当日の生産計画のチェックをします。

   現場とよく打合せ、計画に間違いがないか確認したり、計画に問題がないかなど確認しています。

9:00 出荷準備、検品

 ⇒ 当日出荷する製品を客先のもとへ出荷します。

   出荷前には最終の検査を行い、外観不良等無いか良く確認します。

   客先に納品する前の最後の砦となりますので、責任重大です。

   検品後、良品はキレイに整え、梱包し、運送業者を手配したり、近くであればトラックに積み込み、直接納品に行ったりします。

10:00 休憩

 ⇒ 5分休憩。短いですが、ありがたい休憩です。

   ここでしっかり休めるとお昼までが楽になります。

10:05 見積作成

 ⇒ 図面をもとに、体積計算、重量計算を行い、工数、運賃などを見積していきます。

   お金に関わる業務ですので、非常に責任重大です。

   間違いないように良く確認してから、上司へ承認依頼を回します。

11:00 調達品 発注・納期調整

 ⇒ 調達品の発注・納期の調整を行います。

   調達品を発注したり、発注済の製品の納期がいつになるか確認したり、納期遅れがないか確認したり、納品の催促をしたりします。

11:50 メールチェック

 ⇒ お昼前にメールチェックをしておきます。一通り目を通して、返信が必要な物は返信します。

   これで、午前中の業務は終了となります。

12:00 昼食

 ⇒ 私の会社には社員食堂がないため、会社で注文できる給食弁当を食べています。

12:50 受注処理

 ⇒ 届いている注文書を処理します。

   製造管理表に反映したり、受注一覧表に登録したり、調達品を発注したりします。

14:00 客先 打合せ

 ⇒ 客先と連絡を取り、優先の確認を行ったり、製品の進捗を連絡したりしています。

   優先が変わることは頻繁にあるので、ここでしっかり打合せをしておくことが重要です。

15:00 休憩

 ⇒ 10分休憩があります。しっかり休憩し、残りの時間を集中できるようにしておきます。

15:10 生産計画作成

 ⇒ 先の生産計画を立てていきます。客先の優先をもとに、できる限り優先順になり、

   現場の生産性も高まるような計画を立てていきます。

   客先の要望、現場の効率をある程度把握しておく必要があり、客先と現場の双方を

   理解する努力が必要かと思います。

16:30 メールチェック

 ⇒ 17時前に、もう一度メールチェックをしておきます。

17:00(残業開始) 進捗チェック

 ⇒ 予定通り計画が進んでいるか、計画に問題はなかったか確認していきます。

18:30~20:00 帰社

 ⇒ 基本的に残業は毎日あります。大体1.5~3時間くらいの残業をしています。

生産管理の残業が気になる方にはこちらの記事がおすすめです。

 

2.その他の業務

1日のスケジュールをご紹介いたしましたが、生産管理の業務はこれ以外にたくさんあります。

不良対応納品在庫管理等々、様々な業務を対応しています。

生産管理は生産から出荷までの工程をすべて管理しています。その為、非常に幅の広い、たくさんの業務をこなしていかなければいけません。

また、会社ごとに生産管理が受け持つ業務内容は大きく変わるため、あくまで参考までに見ていただければと思います。

まとめ

さて、生産管理の1日のスケジュールをご紹介いたしました。

製造業の生産管理を目指している方は参考にしてみて下さい。

色々な業務を幅広く対応していく必要がありますので、どうしてもやることは多いです。

その反面、やりがいは多い仕事だと思いますので、興味が有る人はぜひ目指してみて下さい。

では、本日は以上となります。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました