生産管理の志望動機を考えるポイント【生産管理に就職希望の方向け】

生産管理に就職したいけど、志望動機がなかなか書けない。

未経験だし、志望動機に何を書けば良いのかわからない。

といった悩みをお持ちではないでしょうか。

 

本記事では、そんな悩みを抱えている方向けに、生産管理の志望動機を考えるポイントについて生産管理で約10年働いているわたしが解説いたします。

この記事を読むと、志望動機を考える際のポイントがわかるようになります。

生産管理への就職や転職を考えられている方は必見です。
ぜひ参考にしてみてください。

1.志望動機の重要性

就職活動を進める際に、履歴書や面接で必ず答えなければいけない「志望動機」ですが、どれほど重要なのか理解しておきましょう。

わたしの会社の採用担当に、面接の際に重要視する項目を聞いたところ

  1. 過去の職歴(なぜ辞めたのか)
  2. 志望動機の明確さ
  3. 受け答えの正確さや印象

という結果でした。

このように実際に、採用のプロが志望動機の明確さを重要視していることから、志望動機がいかに重要で、しっかりと考えていく必要があるものなのかわかります。

何故あなたが数ある会社の中から、その会社を選び、その仕事を選んだのかを見られています。

しっかりと企業調査を行い、
○○○○だから、御社を選びました!
と正確に答えれるようにしておきましょう。

具体的にやることの例としては

  • ホームページを見る
  • パンフレットを取り寄せる
  • 会社説明会に参加する
  • インターンシップ等あれば参加する
  • (可能であれば)実際の製品を購入して使ってみる

など、色々やってみると良いと思います。

その中で、この会社の強み経営理念他社との違いなどを見つけていくことで、説得力のある志望動機が書けるようになります。

2.生産管理の志望動機を考えるポイント

生産管理について何も知らないという状態では、良い志望動機を考えることは難しいので、まずは、生産管理について理解する必要があります。

生産管理についてまだあまり理解していないという方は、まずはこちらの記事を読んでみてください。

 

 

また、履歴書の書き方がわからない方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

2-1.なぜ生産管理に入りたいのか明確にする

最初に説明したように、志望動機を考える上で、

なぜその仕事をやりたいのか。

なぜ生産管理を選んだのか。

その理由を明確にすることが最も重要となります。

生産管理に興味を持ったきっかけとなる具体的なエピソードや、体験を考えると良いです。

例えば、

「就活を進めていくなかで、生産管理と言う仕事を知り、生産管理に関する本を読んだり、インターネットで調べ、興味を持つようになり、生産管理に入りたいと思いました。」

「大学では、品質管理の勉強をしており、生産管理に入り、学んだ知識を生かしたいと考えています。」

面接官が、

この人は本当に生産管理に入りたいんだ

生産管理に興味を持っているんだ

と思ってもらえるようなエピソードを考えてみると良いかと思います。

2-2.強みを考える

あなたが持っている知識や経験、スキル、性格などで、生産管理の業務にどのように活かしていけるのか考えてみましょう。

生産管理に関する知識やスキルを持っていれば、そのまま強みとしてアピールしましょう。

性格的な部分は、

  • コツコツ頑張れる
  • 最後まで諦めず、継続できる
  • マイペースで、周りに左右されない
  • 人と関わることが得意
  • リーダーシップをとれる

などの、自分が持っている強みを上げてみましょう。

強みを上げたら、その根拠となる具体的なエピソードも考えます。

例えば、

【強み】 … リーダーシップをとれる

【根拠となるエピソード】 … 高校では、生徒会長を務め、大学ではサークルで部長を務めていた。

のように主張+根拠の形式で考えていきましょう。

「私はリーダーシップをとれます。」

と主張だけ述べられても面接官が納得することは有りません。

しっかりと、主張の根拠まで説明することが大切です。

このような流れで、主張⇒根拠⇒結論まで考えていきましょう。

2-3.こんな志望動機はNG

先ほども述べたように、根拠のない志望動機はNGです。

ただただ、

  • 生産管理に興味があります。
  • 私の強みはリーダーシップをとれる点です。
  • やる気があります。

といった主張だけを羅列するような志望動機は、面接官の心に響きません。

必ず、主張+根拠の形となるように考えていきましょう。

何度も言いますが、志望動機は主張⇒根拠⇒結論の流れで考えていくように!

その他として

  • 家から近いので御社を受けました
  • 休日が多いことや、給料が良い点に魅力を感じました
  • 将来的に、自分で企業したいのですが、それまでにこちらで色々なことを学ばせてもらいたい

なども志望動機が弱くNGです。

2.まとめ

生産管理の志望動機を考える上で重要なことは

  • なぜ生産管理に入りたいのか
  • 自分の強みをどう活かせるのか
  • 主張⇒根拠⇒結論の流れで考える

ことです。

この3点がしっかりしておけば、基本は押さえられているかと思います。

 

最後に、生産管理歴10年の筆者が思う、こんな人材が欲しいというポイントを6つほど挙げてみます。

  • 素直で人の意見を聞ける人
  • 成長意欲のある人
  • 責任感のある人
  • 計画性のある人
  • 体力・忍耐のある人
  • 最低限のPCスキルがある人

私が思うに、生産管理は未経験でも全く問題ありません

難しい知識やスキルは不要で、入社後しっかり頑張って少しずつ勉強していけば、誰でもやっていける仕事と感じています。

また、体力・忍耐のある人と記載しているのは、生産管理は事務業だけではなく、現場で体を動かしながら作業する機会も多々ある為です。

では、本日は以上となります。ありがとうございました。

コメント

  1. […] 生産管理の志望動機を考えるポイント【生産管理に就職希望の方向け】生産管理に就職したいけど志望動機が考えれないとお悩みではないでしょうか。本記事では、そんな悩みを抱えて […]

タイトルとURLをコピーしました