【実体験】生産管理を長く続けるコツをご紹介します

生産管理の業務って板挟みでしんどそう。長く続けれるか不安...

生産管理の業務って大変じゃない? やっていけるか不安...

などとお悩みではないでしょうか。

生産管理に就職を考えている方、これから配属になる方などは、気になりますよね。

本記事では、生産管理に勤務して約10年の私が、実際の経験をもとに、生産管理を長く続ける5つのコツをご紹介いたします。

生産管理として働いている人、これから生産管理に就職・転職・異動を考えている方などは、ぜひ参考にしてみて下さい。

【実体験】生産管理を長く続ける5つのコツ

1.現場と営業(客先)を味方につける

現場と営業どちらも味方につけましょう

 

生産管理は、営業が受けた仕事の生産計画を立てるところから、出荷するまでを管理している為、どうしても営業(客先)と現場の板挟みとなります。

営業(客先)からは、

早く作ってくれ!」、「お客に催促されているんだ!」と言われ

現場からは

無茶言うな!」、「そんなのできるか!

と、板挟みになることがよくあります。

板挟みの状況が続けば、当然ストレスを抱えます。

ようやく1件が収まったと思えば、また次の営業(客先)が間に入ってきて、

こっちの案件も急いで欲しい

と言われるのです。

 

苦労して一度立てた予定を再度変更してもらわないといけなくなり、現場にお願いにいくと

ふざけるな!

と怒られるのです。

現場は急な予定変更や、計画の変更をとても嫌がりますので、非常に気を遣います。

 

基本的に、この状況を一生繰り返すのが、生産管理の業務です。

いかに、営業・現場の人と上手く話を進めれるかがポイントになってきます。

 

現場の人に嫌われようものなら、毎日怒られっぱなしになり、ストレスが半端じゃなく溜まってしまいます。

最悪、メンタルが弱ければ、生産管理を続けていくことは難しいでしょう。

 

私自身も、入社した当初はよく現場に怒られていました。

しかし今思うと、私にも問題が有ったなと思います。

現場を理解していなかったですし、話し方や交渉力も乏しかったので、怒られて当然かと思います。

 

今でも、揉めることは有りますが、以前に比べるとはるかに少なくなりました。

約10年勤めて学んだことは

  • 営業、現場の双方の理解を深めることが重要
  • 現場の信頼を得ることが大事
  • 怒られることも仕事の一環だと思い込む

生産管理として働く方は、この考えは非常に役に立つかと思います。

是非、意識して仕事をしてみて下さい。

これらを意識することで、現場、営業を味方につけることができます。

 

一度、現場、営業を味方につけると、業務の進めやすさが劇的に変わります。

揉め事が減り、あなたの発言に対して、親身になってくれるようになるのです。

 

しかし、信頼というのはすぐにすぐに得られるものではありません。

毎日の積み重ねで少しづつ得ていくしか有りません。

コツコツと細かいところに注意を払い、信頼を得ていきましょう。

 

せっかく積み重ねた信頼も失うのは一瞬ですので、そうならないよう誠実に対応していくことが大切です。

2.仕事を最速で終わらせていく

仕事はできる限り最短で終わらせましょう!

 

生産管理の業務にトラブルは付き物です。

よくあるトラブルとしては

  • 納期遅れ
  • 不良・不具合の発生
  • 資材の急な値上げ
  • 生産設備の故障
  • 急な短納期案件の受注
  • 工場内の事故発生

などがあります。

生産管理はこれらのトラブルが発生すると、すぐに対応しなければいけなくなります。

 

日常的な業務に加えて、これらのトラブルに対する対応が急遽入ってくる為、場合によっては残業が増えたり、休日出勤せざるを得なくなります。

 

普段の業務に追われ、仕事が溜まっているときに、さらにトラブルが起こってしまうと、管理がおろそかになったり、ミスが増えたりして、日常業務でもトラブルが発生し、悪い方悪い方へと進んでいってしまいます。

 

普段から、トラブルが起きても対応できるように前倒し前倒しで仕事を終わらせておく必要があります

来る仕事は、常に最短最速ですぐに処理するクセをつけましょう。

3.最低限の体力づくり

最低限の体力づくりをしましょう!

 

生産管理の業務は、事務所でパソコンを触るだけではありません。

工場内で仕事をすることも非常に多いです。

  • 生産の進捗管理
  • 現場との打ち合わせ
  • 検品、検査
  • 出荷対応
  • 調達品の荷降ろし、移動

など、工場での仕事も非常に多いのです。

 

工場での仕事には、あらゆる危険が潜んでいるため、ケガをしないよう注意も必要です。

また、夏場であれば、熱中症の対策として適度に水分補給したり、冬場であれば、防寒対策なども考えなければいけません。

 

常に事務所でパソコンの前で仕事をするイメージを持っている方は、認識を改めた方が良いかと思います。

ある程度の体力も必要とされますので、体力に自信がない方は、今のうちから運動を始め、最低限の体力づくりをしておくことをおすすめします。

私の会社では、鉄の部品を扱う現場の為、非常に重たい製品も扱っており、かなり力を使います。

目的は違うのですが、筋トレを始め、力がついた為、非常に仕事が早くなり、疲れも以前とは違い、疲れにくくなりました。
また、仕事の充実感も明らかに向上しました。

 

筋トレが絶対必要というわけではありませんが、体力や力が有るにこしたことはありませんので、生産管理に入り、工場を動き回るようであれば、筋トレやマラソンなどを始めることはおすすめです。

4.開き直ることも必要

怒られても、自分は悪くないと開き直りましょう!

 

生産管理に勤める限り、基本的には受注が止まることは有りません。

そうなると、常に納期を意識する必要が有ります。

受注が落ち着き、納期遅れがないようなときは良いのですが

生産能力以上の受注が入ってきたり、トラブルが発生したりして、納期が遅れてしまったときなどは

毎日のように客先や営業から電話が鳴り、

納期はいつになるんだ?」、「もう待てないぞ!

と鬼のように催促されたりします。

 

そういった時期は、常に頭の中に納期が浮かび

休日で休んでいるときも、客先や営業の声が脳裏に浮かんできて、嫌な気持ちになったりします。

休日でリフレッシュしたくても、何かもやっとした引っ掛かりがあり、余計にストレスを抱えてしまいます。

 

こういったときは、思い切って開き直りましょう

私が悪いわけではない

最大限のことはやっている

などと言い聞かせ、開き直りましょう。

トラブルの原因の大半は、会社であったり、現場であったりです。

自分一人の原因ということは少ないのです。

だからこうなったのは自分のせいではないと言い聞かせ、開き直ることで気分を楽にしましょう。

思い詰めても何も変わりません。

開き直り、気持ちを楽にした上で、全力で仕事に向き合っていけばいいのです

5.無理なことには、はっきりとできないと断る

できないことは、はっきりできないと言いましょう!

 

生産管理の業務の幅は非常に広く、色々なことを任されます。

生産管理の会社での立ち位置の関係上、業務の境が分かりにくく、

「それって本当に生産管理の仕事?」

と思うことも依頼されたりします。

 

依頼された仕事を、どんどん受けていると、業務がいっぱいになり、残業が増えたり、毎日バタバタ焦って仕事をせざるを得なくなります。

しっかりとその業務は自分がやるべき業務なのか見極め、取捨選択していかなければいけません。

 

無理なこと、やらなくてもいい業務をお願いされたときは、はっきりと

できません。

やりません。

と断ることが大切です。

これができないと毎日業務で溢れかえり、潰れてしまいますよ。

まとめ

生産管理を長く続けていくために一番大切なことは

現場、営業との板挟みをいかにうまく回避していくか

にかかっていると思います。

 

いかに仕事ができても、人間関係が上手くいっていないと、精神的に追い込まれ、続けていくことは難しいでしょう。

 

現場、営業からの信頼を得て、味方につけることが超重要です。

 

その為に、日々コツコツと現場の依頼、営業の依頼には最速で応え、信頼を積み重ねていきましょう。

お前の頼みならしょうがない、やってやるか

と言われるようになれば、勝ちですよ!

現場、営業からそう言ってもらえるよう是非頑張ってみてください。

 

わたしが10年続けていられるのは、そう言ってもらえるようになったからと確信しています。

 

では、今回は以上となります。ここまでご覧頂きありがとうございました。

 

 

おすすめ記事

生産管理に向いている人って?特別なスキルは必要?
生産管理に興味があるけど、自分に向いているかわからないし、不安だなぁ。生産管理に入るには何か特別なスキルが必要なの?そんな疑問にお答えします。本記事では、生産管理に向いている人とはどんな人なのか、また、...
生産管理の実態【給料や残業って多いの?】
生産管理に興味があるけど、給料ってどうなの?残業はどれくらいあるの?と気になっていないでしょうか。本記事では、生産管理の実態について、生産管理として約10年勤務している私の給料や残業時間をもとに解説いた...

コメント

タイトルとURLをコピーしました