【未経験の方向け】生産管理とは?|就職前に知っておきたいことまとめ

はじめまして。ヒデといいます。

わたしは、生産管理として10年間働いています(今も現役です)。

ですが、就職する前は生産管理について全く何も知りませんでした。

  • 生産管理ってどんな仕事なの?
  • 生産管理ってやりがいあるの?
  • 生産管理ってつらいの?
  • 生産管理ってどんな人が向いているの?

など、色々な疑問を抱えていました。

本記事では、生産管理に就職する前に知っておいた方が良いことについて、10年間の実体験をもとに、解説いたします。

できる限り、簡潔にわかりやすくまとめておきます。

これから生産管理へ就職を希望されている方のお役に立てれば幸いです。

1.生産管理の仕事内容

そもそも、生産管理ってどんな仕事かわからないという人も多いと思います。まずは、生産管理の仕事内容について解説していきます。

生産管理の仕事内容は、ものづくりの現場を管理することです。

具体的には

  • 需要を予測する
  • 生産計画を立てる
  • 納期を管理する
  • 在庫を管理する
  • 部品の調達
  • 品質管理

などが仕事内容となります。

営業がとってきた時点から、製品が完成し、出荷するまでの工程を管理しますので、業務の幅が非常に広いのが特徴です。

生産管理の役割を簡単にいうと、「モノづくり」の現場をサポートすることです。

その上で常に頭に置いておかないといけないのが「Q・C・Dの向上」についてです。

Q(品質)・C(コスト)・D(納期)を意味しており、QCDの向上とは「より良いモノを、より安く、より早く」を実現していくことです。

生産管理の仕事内容について、より詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

2.生産管理のやりがい

生産管理の仕事内容はわかったけど、やりがいってあるの?

と疑問をもっている人も多いのではないでしょうか。

結論、やりがいはあります

わたしが10年間生産管理として働いてきて、実際にどんなところにやりがいを感じたかというと

  • 客先に喜んでもらえたとき
  • 現場に認めてもらえたとき
  • 成長を感じたとき

などがあります。

もちろん、楽しいことばかりではないですが、基本的には楽しんで仕事ができています。

業務の幅が非常に広いので、多くの人と関われますし、いろいろな知識を学ぶことができます。

そういった部分に魅力を感じる方は、生産管理を仕事にすれば、やりがいを感じながら、楽しんで働くことができると思います。

あくまでわたし個人の意見ですので、参考までにしていただければと思います。

生産管理のやりがいについて、詳しくはこちらをご覧ください。

生産管理ってやりがい有る仕事なの?【10年勤めてみて】
生産管理の仕事ってやりがいあるのかな?と疑問をお持ちではないでしょうか。本記事では、生産管理のやりがいについて解説いたします。実際に約10年、生産管理として勤務しているわたしが、やりがいを感じながら仕事をできているか...

3.生産管理のつらいところ

続いて、10年間働いてきてつらいと感じたところを紹介いたします。

生産管理で働いていると、次のようなことが起きます。

  • トラブルやアクシデントが多い
  • 現場と客先との板挟み
  • 幅広い知識が求められる
  • 工場内に潜んでいる危険にさらされている
  • 仕事の結果が見えにくい

などです。

何度もこのような場面に遭遇し、正直、何度も「つらい、しんどい、辞めたい」と思ったことか...

ですが、そのつらさに真剣に向き合い、努力することで大抵のことは乗り越えてこれました。結果、10年間続けることができています。

どんな仕事でも、全てが自分の思い通りにいくことはなかなか無いと思います。多少つらいと感じることがあっても、立ち向かい、戦っていくことが肝心だと思います。

さらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

生産管理のつらい点、苦労すること【実体験をもとにご紹介】
「生産管理の業務ってつらいの?」「生産管理の業務って大変そう。やっていけるか不安...」と生産管理に興味はあるけど、生産管理の業務はつらいのではないかと不安を抱えていませんか?わたしは入社してから約10...

4.生産管理に向いている人、必要スキル

10年間働いてみて感じる、こんな人は生産管理に向いているだろう特徴を5つご紹介します。

  • コミュニケーション能力が高い人
  • トラブルが起きても冷静に対応できる人
  • 先を見通す力がある人
  • 現状維持より、変化を好む人
  • デスクワークだけでなく、現場で体を動かしながら働きたい人

これらに当てはまる人は向いていると思います。

また、生産管理で働くのに特別なスキルは不要です。

一応、「QC検定」、「生産管理プランニング」、「生産管理オペレーション」などの資格があり、保有していると就活では少しライバルとの差別化ができ、有利になるかもしれません。

ですが、最初から必要ということはありませんので、未経験で何も知らないという方でも安心して良いと思います。

より詳しくは、こちらをご覧ください。

生産管理に向いている人って?特別なスキルは必要?
生産管理に興味があるけど、自分に向いているかわからないし、不安だなぁ。生産管理に入るには何か特別なスキルが必要なの?そんな疑問にお答えします。本記事では、生産管理に向いている人とはどんな人なのか、また、...

5.生産管理の実態

5-1.給料

生産管理の平均年収:約400~500万円

至って普通のサラリーマンの年収程度は見込めると思いますが、1,000万以上稼ぎたいなどと、仕事選びに高収入であることが条件の人には向いていないと思います。

モノづくりに関わりたい、給料は普通で良いという人には良いのではないでしょうか。

5-2.残業

残業は会社によって大きな差があると思いますので、一概に言えませんが、一般的に残業は多いほうではないかと思います。

 

わたしの会社の実態について詳しくはこちらに書いています。

生産管理の実態【給料や残業って多いの?】
生産管理に興味があるけど、給料ってどうなの?残業はどれくらいあるの?と気になっていないでしょうか。本記事では、生産管理の実態について、生産管理として約10年勤務している私の給料や残業時間をもとに解説いた...

6.まとめ

生産管理とは、どんなものか少しでもお分かりいただけましたでしょうか。

最後に、生産管理へ就職を考えている人に、生産管理はおすすめできるのか、本音で語ると

稼ぎたい人にはおすすめできません!

というのが結論です。

稼ぎたいのであれば、不動産関係、IT関係などの伸びている業界の仕事を探すべきです。

ですが、給料は平均的で良いという人で、モノづくりに携わりたい、未経験でもできる仕事を選びたいという人には

「おすすめです!」

と言えます。

つらいことも多いですが、生産管理はやりがいのある、楽しい仕事ですよ!

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。今回は以上となります。

 

実際に生産管理に就職してみようと考えている方は、こちらをご覧ください。

生産管理の志望動機を考えるポイント【生産管理に就職希望の方向け】
生産管理に就職したいけど志望動機が考えれないとお悩みではないでしょうか。本記事では、そんな悩みを抱えている方向けに、生産管理の志望動機を考えるポイントについて解説致します。志望動機を考える際のポイントがわかるようになります。是非、参考にしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました