現場改善の基本、5Sとは?|生産管理の基礎知識

5Sって何なの?

5Sって現場の改善にどう活用するの?

そんな疑問にお答えします。

生産管理として働いている人は、「5S」と言う言葉を一度はお聞きしたことはあるのではないでしょうか。

聞いたことはあるけど、あまり詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか。

生産管理歴10年目のわたしが今まで学んできたことや実体験をもとに、できる限りわかりやすく解説していこうと思います。

生産管理として働くのであれば、知っておいて損はない基礎知識となりますので、ぜひこの記事を読んで理解いただければと思います。

1.5Sとは

5Sとは

  • 整理
  • 整頓
  • 清掃
  • 清潔
  • しつけ(躾)

の頭文字(S)をとったものです。

意味は文字通りの意味で、整理し、整頓し、清掃し、清潔にし、しつけることです。

特に難しい用語ではありませんし、ごく当たり前にやっているレベルの内容ばかりかと思います。

しかし、5Sを徹底的に追及することは、製造現場の改善の基本であり、大きな改善を生み出すことができる極めて重要なものなのです。

5Sのレベルが、その工場のレベルを決めているとも言われているくらい、結果を出している企業は5Sに力を入れています。

結果を出している工場は、5Sをただの「お掃除活動」として捉えてはいません。5Sを徹底的に追及し、あらゆるムダを排除し、効率化を図っているのです。

5Sというのは立派な「改善活動」の一種なのです。

では、それぞれ1つずつ詳しくみていきましょう。

1-1.整理

整理とは、必要なモノと不要なモノを分け、不要なモノは捨てることを言います。

例えば、型を保管している棚が溢れかえり、必要な型も不要な型も入り混じって並べられていたとします。

この状況で、必要な型を探し、取り出すまでにかかる時間が5分だったとします。

整理を徹底し、不要な型は全て処分し、棚に保管されている型は全て必要な型という状況になった場合、型を探し、取り出すまでの時間が3分、2分といったように短縮されることは言うまでもないですよね。

この数分の短縮でも、毎日やる作業であれば、1年後、2年後と長い目で見れば大きな時間短縮になっているのです。

1-2.整頓

整頓とは、必要なモノを使いやすいように定位置を決めて保管しておき、使い終わったら定位置にもどすことを言います。

整頓を徹底すると

  • モノがどこに置いてあるのか
  • 誰かが使っているか
  • 工程の異常

などが一目でわかるようになります。

要は整頓を徹底すると「目で見る管理」が実現できるのです。

1-3.清掃

清掃とは、工場や設備のほこりや汚れなどを除去して、きれいにすることをいいます。

工場内がきれいに清掃されることで、作業者は安全に作業することができたり、設備のさびや汚れをきれいに清掃すると、老朽化により落ちていた性能が戻り、動きがよくなり、生産性が向上したり、なによりきれいな環境で働ける作業者のモチベーションが上がります。

このように清掃を徹底することで

  • 安全性の確保
  • 生産性向上
  • 作業者のモチベーションの向上

が期待できるのです。

1-4.清潔

清潔とは、「整理」・「整頓」・「清掃」を維持することを言います。

整理して不要なモノを処分していても、時間とともに不要なモノが増えてきたり、
整頓して所定の置き場所を決めたのに、いつの間にか所定の置き場所にモノが置かれていなかったり、
清掃して機械のさびをきれいに落としていたのに、気づいたらまたさびが出てきていた

ということではダメですよね。

清潔では、不要なモノが増えないようにしたり、必ず所定の位置にモノを戻すルールを決めたり、整理・整頓・清潔を維持することを意識しましょう。

1-5.しつけ

しつけとは、「整理」・「整頓」・「清掃」・「清潔」を遵守するルールを定め、そのルールを作業者に周知徹底させることです。

5Sで最も大事な部分です。

いくら話し合いや会議で、すばらしいルールを決めたとしても、実際に作業する作業者が実行しないと意味はありません。

5Sの効果や有効性を示したり、ルール違反を取り締まったりして、作業者の意識を高めていきましょう。

2.まとめ

では最後に5Sについてまとめておきます。

5Sとは、「整理」・「整頓」・「清掃」・「清潔」・「しつけ」の頭文字をとったもので、「改善活動」の一種です。

それぞれの内容は

 内容

整理

必要なモノと不要なモノを分け、不要なモノは捨てること

整頓

必要なモノを使いやすいように定位置を決めて保管しておき、使い終わったら定位置にもどすこと

清掃

工場や設備のほこりや汚れなどを除去して、きれいにすること

清潔

「整理」・「整頓」・「清掃」を維持すること

しつけ

「整理」・「整頓」・「清掃」・「清潔」を遵守するルールを定め、そのルールを作業者に周知徹底させること

では、今回は以上となります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました