厳しい上司でも、部下に慕われている人の6つの特徴とは

あなたの周りには、厳しくて怖いけど、周りから慕われている上司はいませんでしょうか。

ただただ、部下に厳しく、常に怒っているような人には誰もついていきません。

それでは、厳しくても部下から慕われている人はどんな対応をしているのでしょうか。

本記事では、厳しい上司でも、部下から慕われている人の6つの特徴について解説いたします。

あなたの上司はただただ厳しいだけの上司ではないですか?

または、あなた自身が部下に対して、ただただ感情のままに厳しく接していませんか?

ぜひ今後の参考にしてみて下さい。

厳しい上司でも、部下に慕われている人の6つの特徴とは

1.人に厳しいが、自分にも厳しい

部下から慕われる上司は、部下に厳しい反面、自分にも厳しくしています

自分自身が仕事に対してストイックに向き合い、真剣に取り組んでいるからこそ、人に厳しくできるのです。

部下に厳しくするときは、自分はできているという自信がないと、例え上司であっても部下に厳しくできないのです。

上に立つ人間は、部下に厳しくできるように、自信を付けておく必要があると知っているので、自分にはより厳しく接しているのです。

それに対し、部下から信頼されていない上司は、部下には厳しいのに、自分には甘いのです。自分のことは棚に上げて平気で部下を叱るのです。

このような上司から叱られても、部下は素直に反省できません。

不信感ばかり募り、慕われるどころか嫌われていってしまいます。

2.豊富な知識・スキルを持ち合わせている

部下から慕われる上司は豊富な知識やスキルを持っています

単純に「仕事ができる人」なのです。

部下が何か質問しても、なんでもすぐ回答してあげたり、難しい業務や大きなプロジェクトも淡々とこなしているのです。

慕われる上司は、入社当初より、日々ストイックに努力し、考えながら仕事を進めてきた為、知識・スキルが身につき、仕事ができる人になれているのです。

だから、部下に厳しくしても、部下は素直に反省してくれます。

対して、ただ厳しいだけの上司では、知識やスキルを持ち合わせていませんから、最初はよくても徐々に部下に実力がついてくると、すぐに不信感を抱かれるようになるのです。

やはり、こういった上司が部下に厳しくすればするほど、嫌われてしまうのは当然なのです。

3.いざと言う時に、頼りになる

慕われている上司は、いざと言う時に、頼りになります

何かトラブルが起きたとき。

あなたが失敗し、お客さまを怒らしてしまったとき。

非常に難しい問題に直面したとき。

このような、部下としては上司を頼りたいという状況で、しっかりと上司としての役割を果たすのです。

慕われる上司というのは、普段は厳しくても、部下が本当に誰かを頼りたいと思っているときに1番頼れる存在になっているのです。

対して、慕われない上司は、いざと言う時にも、責任逃れをしようと部下のせいにしたり、逃げ隠れをするのです。

4.長々と説教しない

慕われている上司は、怒りはするものの、長々と説教することはありません

部下の何が悪かったのか。どうしたらよかったのか、次にどうすればいいのか、要点を絞り、叱ってくれます。

そのため、時間は短くなりますし、怒られている部下も何がいけなかったのか、なぜ怒られているのか理解しやすくなります。

怒る理由は、部下に成長してほしいから怒って反省させるのです。決して、イライラを部下にぶつけたり、愚痴を長々言いたいがために、怒るのではありません。

早く成長して欲しいと願っていれば、必然と怒り方も変わってくるのです。

5.プライベートでの相談に乗ってくれる

慕われる上司は、プライベートでの人生経験も豊富な人が多く、仕事以外の相談にも乗ってくれます

お金の悩み、家族の悩み、恋愛の悩みなど、いろいろな方面で多くの経験と豊富な知識を持っているので、アドバイスも的確で、部下は仕事以外でも信頼を寄せます。

仕事では厳しくても、仕事が終われば、オフのモードへ切り替え、やさしく接してくれる人が多いです。

慕われる上司は、仕事でもプライベートでもしっかりと部下とコミュニケーションをとっているため、お互いに理解が深まり、強い信頼関係が生まれていくのです。

6.飲み会を強要しない

慕われる上司は、飲み会への参加を強要しません

参加を断ったとしても、イヤミを言うことなどありません。

部下の事情や気持ちを優先してくれるのです。

上司だからと言って、偉ぶったり、上から目線でものを言ったりしません。

こういった上司と飲みに行ったとしても、決して、仕事のダメ出しや愚痴を言われることはないので、楽しく飲めるため、部下も進んで飲み会に参加するようになります。

どうしても用s事が合って、断るときもイヤミを言われないので、部下は気持ちが楽なのです。

まとめ

厳しい上司でも、部下に慕われている人の特徴がわかりましたでしょうか。

いくら仕事で厳しく指導したとしても、しっかり実力があり、自分にも厳しい人であれば、部下は付いてくるものです。

部下が付いてこない、成長してくれないと悩んでいる方は、一度自分自身を見つめなおしてみるといいでしょう。

イライラと感情に任せて、部下を叱っていませんか?

部下を叱るのは簡単ですが、自信をもって叱れていますか?

怒る、叱るの先にあるのは、部下がしっかりと反省し、成長してくれることです。

あなたが本当にそれを求めるのであれば、長々と説教したり、感情任せに叱ることはやめるべきです。

ぜひ慕われる上司の特徴を真似し、部下から慕われる上司へとなっていきましょう。

では、本日は以上となります。ありがとうございました。

 

こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました