楽天カードの作り方を超簡単に解説します!

前回の記事で、クレジットカードのメリットとデメリットについて解説致しました。

さらに、オススメのクレジットカードとしてイオンカードと楽天カードをご紹介いたしました。

未だ、読んでいない方は、クレジットカードについて基本的な仕組みやメリット・デメリットが理解できますので、下記の記事を是非読んで参考にしてみて下さい。

クレジットカードを使う前に知っておきたいメリット・デメリット

クレジットカードは正しく利用すれば、非常に便利で有ることは間違い有りません。

もしクレジットカードを作ってみようと思って頂けましたら、是非「楽天カード」の作成をオススメ致します。

本記事では、楽天カードの作り方を超簡単に解説致します。

是非、記事を読みながら一緒に進めて行って頂ければと思います。

楽天カードの作り方

1-1.楽天会員登録

既に楽天会員の方はこちらは不要です。

未だ楽天会員に登録がお済みでは無い方は下記URLより登録が必要です。

無料で登録できますのでご安心を。

⇒会員登録画面へ

【楽天会員に登録する】というアイコンをクリックします。

その後、任意のメールアドレス、任意のユーザID、任意のパスワードを決め、氏名を入力し、同意して次へをクリックします。

確認画面が表示されますので、問題がなければ「登録する」をクリックします。

これで、楽天会員登録は完了です。

※設定したユーザIDとパスワードは必ず覚えておくようにしてください。

1-2.楽天カード申し込み

下記にリンクを貼っておきますので、そちらをクリック頂ければ、申込み画面へと飛びます。


⇒楽天カード申し込みはこちらから



クリックすると、下記画面が表示されますので、【楽天会員の方】をクリックします。

下記画面が表示されたら、先程作成した楽天会員のユーザIDとパスワードを入力し、【ログイン】をクリックします。

下記画面が表示されますので、必須事項(全て)に入力していきます。
入力が完了したら、下記に表示されている規約を良く読み、問題が無ければ
【以下の規約に同意して追加内容を確認する】をクリックします。

確認画面が表示され、問題が無ければ【会員情報を追加登録する】をクリックします。

※パスワード欄には会員登録時に設定したパスワードを入力して下さい。

問題が無ければ、【続けてサービスを利用する】をクリックします。

下記画面が表示されたら、一番左の【楽天カード お申込みへ進む】をクリックします。

1-3.基本情報の入力

・ブランド選択

上記の3つの中から選択しましょう。どれを選んでも問題はありませんが、海外旅行に行く可能性が有るのであればVISAかMasterにしておきましょう。

・カード選択

お好きなデザインを選択して下さい。

・預貯金額

預貯金とはあなたが銀行に預けているお金の総額です。そのうち1年間にクレジットカードの支払いに充てることが可能な額を入力します。

大まかな予想で構いませんので、できれば、入力しておきましょう。

申告しないという選択肢も有りますが、審査に影響する可能性が有ると言われています。

・自動リボサービス申し込み

基本的に【申し込まない】を選択しておくことをおススメします。

リボ払いとは、利用額とは関係なく、あらかじめ設定しておいた金額分、毎月返済していく支払い方法です。

例えば、毎月の支払額を5,000円に設定した場合、10万円分買い物をしても翌月に請求される金額は5,000円となり、利用残高がなくなるまで5,000円ずつ返済していきます。

毎月の支払額を少なく抑えれるメリットは有りますが、リボ払いには毎月利子が必要になります。

リボ払いで発生する金利は年率15%程が一般的で、非常に大きな金利が発生してしまいます。

できれば、リボ払いの利用は控えておくことをおススメします。

計画的に管理できるという方は申し込むようにしましょう。

・カードのキャッシング枠

こちらも基本的には0万円を選択しましょう。

キャッシングとはクレジットカードに付帯させれるサービスの一つで、クレジットカード会社から現金を借りることができるサービスです。

クレジットカードのキャッシング返済の利子は非常に大きいです。

特別な事情がない限り、0万円を選択することをおススメしますが、希望がある場合は金額を設定しておきましょう。

・他社からのお借入金額

住宅ローンや銀行からの借り入れは関係有りませんので、なしを選択して下さいあ。

もし借入があれば、件数、金額、返済額を入力して下さい。

※借入がある場合は、審査によりカードが発行できない可能性が有ります。

・ETCカード

必要であれば申し込んで良いと思いますが、楽天カードは年会費無料に対し、ETCカードには年会費(540円)がかかります。注意して下さい。

・Edy機能付帯

Edyとは、電子マネー機能のことです。簡単に言えば、プリペイドカード機能です。カードにお金を入金し、利用していく機能となります。利用する、しないは別として無料で付けれますので付けておきましょう。

・Edyオートチャージ設定

入金額が一定額を下回ったときに、自動で設定金額自動でチャージしてくれる機能です。お好みで選択すれば良いと思います。

・暗証番号

クレジットカードの暗証番号を設定します。【任意の数字4文字】を入力して下さい。

入力が終わりましたら、次へをクリックします。

勤務先情報の入力

続いて勤務先の情報を入力します。全て入力が終わりましたら、次へをクリックします。

最後にお支払い口座情報を入力し、完了となります。

お疲れ様でした。後は審査結果を待つのみです。
審査結果は【最短2分~1週間以内】にメールにて届きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました