夢の実現を可能にする「行動力」とは

成功している人が必ず持っているスキルの1つに「行動力」という物があります。事業家として誰もがご存知の堀江貴文さんはまさしく行動力の鬼と言える存在だと思います。簡単な経歴ですが、高校3年生の夏からわずか半年間の猛勉強で、東京大学文学部に入学。しかし約2ヶ月ほどで中退。その後、企業家としての才能を発揮することとなります。しかし、ライブドアで一世を風靡していたのも束の間、証券取引法違反により逮捕されてしまいます。2年6ヶ月の実刑判決の末、長野刑務所へ収監されることになりました。メディアから突如消えていき、一躍時の人になったものと思われました。
しかし、実は収監中にもTwitterやメルマガ等で情報発信を続けたり、書籍を出版する等、活動を続けていたのです。釈放後も、再度企業したり様々なメディアで情報を発信し続けています。
堀江さんの経歴を見ていると、私達とはかけ離れた行動力を持っていることに気付かされます。人生を成功させている人たちが共通して持ち合わせている行動力というスキルについて少し語らせて頂こうと思います。

1.行動力とは

そもそも行動力とはどんなスキルのことなのでしょうか。
私が考える行動力とは、自身が想像する未来に向かうために実際の行動を起こせる力の事です。
自身がこうなりたいという願望や夢が有ったとして、その夢に進んでいく為の道は無数に出ています。どのルートを通って、夢に進んでいくか決断し、実際に歩みを進めていく
これが行動力ではないでしょうか。
行動力の有る人とは、立ち止まることなく歩き続けている人のことです。
逆に行動力の無い人とは、歩くことなく立ち止まっている人のことです。

堀江さんのように失敗を恐れず、前だけ見て歩き続けれる人になっていくことで人生を成功に導くことができるのです。

しかし、歩みを一歩踏み出すことはそう簡単なことではないのです。なぜ皆同じように歩み続けることができないのでしょうか。それは私達の中に潜んでいる邪魔者がいるせいです。

2.行動に歯止めをかける邪魔者とは

行動に歯止めをかける邪魔者の正体とは

恐怖心

なのです。

失敗が怖いのです。変わることへの願望よりも恐怖心が勝ってしまうのです。だから一歩踏み出せず、立ち止まってしまうのです。
仮に、一歩踏み出せても、失敗してしまうと歩みを止めてしまうのです。

人間である以上、恐怖心を持っているのは当然で、逆に恐怖心という概念がなければ、平気で10階建てのビルから飛び降りたり、毒の有る食べ物を平気で食べたり、殺人が横行したり社会から秩序がなくなってしまいます。こういった意味では、恐怖心は人間が持ち合わせる素晴らしい感情とまで言えます。

しかし、夢を実現させるには、恐怖心に打ち勝ち、歩みを進めて行くしか無いのです。決して恐怖心をなくすことはできませんので、恐怖心を上手くコントロールしていくことが必要となってきます。

次の章では恐怖心を和らげ、行動力を高めていく為にはどうすれば良いか解説していきます。

3.行動力を高めるには

要は、行動力に歯止めをかける恐怖心を抑えてやれば良いのです。具体的には

  • 圧倒的なインプットを行う
  • 明確な夢、目標を定める
  • ベイビーステップを踏む

等が挙げられます。

圧倒的なインプットを行う

インプットとは知識を得ることで、夢に向けてどんな準備が必要か、どんな道を歩んでいけば最短で進めるのか等様々な知識を勉強することで、数有るルートを絞ることができ、どの道を歩いて行くのか決断を楽にしてくれます。知識は多ければ多いほど良い為、圧倒的なインプットをすればする程、自信を持って歩み出すことができます。自信が持てることで恐怖心は和らぐのです。

明確な夢、ゴールを定める

叶えたい夢、願望、ゴールを明確にすることで、歩みを進めていく途中で、迷いがなくなります。人は恐怖心を必ず持ち合わせていますが、強い希望、熱意を持つことで、恐怖心に打ち勝つ事ができるのです。あなたが人生を通して叶えたい夢、人生のゴールを真剣に考え定めることでブレない軸ができ、迷いがなくなります。真剣な熱い想いは恐怖心を凌駕するのです。

ベイビーステップ(小目標)を踏む

ゴールが定まったら進んで行くだけなのですが、大きな一歩を踏もうとすればする程、恐怖心も大きくなり、前に進めなくなってしまいます。まずは小さな一歩からで良いので、小さな目標に向け、踏み出しましょう。焦らずにゆっくりと小さな歩みを一歩ずつ重ねていくことが大切です。さらに、目標を達成した際には自分へのご褒美も与えてあげましょう。そうすることで目標を達成する喜びが倍増し、モチベーションを保ったまま歩んで行くことができます。

まとめ

夢を叶えたいという強い想いを持つことで、どんな困難にもぶつかっていくことができます。失敗したら失敗したときに考えよう、なんとかなるさと気軽に考えることも時には大切です。一番ダメなのは立ち止まること!と言い聞かせ、夢にむかって一歩一歩踏み出して行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました