会社を辞めたい5つの理由と対処法とは

今の会社に対して色々な不満があり、会社を辞めたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

  • 人間関係が上手くいかないんだよなぁ
  • 激務の割に給料が少ない!
  • 残業代が出ない
  • 残業が多すぎる
  • やりがいが見出だせない

等々の不満をお持ちではないでしょうか。

辞めたいと考えてはいるとはいえ、

  • 家族の生活がかかっているし…
  • 次の会社の待遇が良いか分からない…
  • 次の会社が見つかるか分からない…

考えれば考えるほど不安になりますよね。


本日は、会社を辞めたいと考えている人が決断をする前にやるべきことを説明します。後悔しないよう一度冷静になって落ち着いて考えてみましょう。

会社を辞めたい5つの理由と対処法

あなたが今、会社を辞めたいと考えているのは何故でしょうか。まずは原因を探っていきましょう。

下記に代表的な理由5つを記載します。当てはまるものが有りますでしょうか。

1.人間関係の悩み

会社を辞めたいと考える理由の多くは人間関係の悩みと言われています。

  • 上司のパワハラが酷い
  • 上司が厳しすぎる
  • 同僚に嫌がらせや批判をされる
  • 行きたくもない飲み会への参加を強要される
  • 仕事に対する価値観、方針が合わない

といった人間関係のトラブルが代表的かと思います。

人間関係の問題を解決するのは非常に難しい問題です。

仲の良い友人や同僚に相談してみるのもいいですが、最終的には直接話し合うのが一番良いかと思います。

思いを直接伝えれば、上手くいけば対応を変えてくれるかもしれません。

ですが、人はそう簡単に変わらないものです。いくらあなたが真剣に訴えても何も変わらないことが多いです。

私が一番オススメするのは人を変えるのではなく、自分が変わることです。

向き合い方を変え、自分が大人になり、仕事で大きな結果を出しましょう。

文句も付けれないほど大きな結果を出し、口出しできない状況を作ってしまうのです。

結果的に相手も対応を変えざるを得なくなってしまいます。

また、自分に問題がなかったか考えることも必要です。

客観的に自分を見つめ、何故あんな発言をされたんだろうと振り返ってみると、案外自分の対応に問題が有ることも多いです。

冷静に自分に非が無かったかよく考えてみてください。

よく考えても自分に非はなく、訴えかけても何も変わらなければ、転職や部署異動を考えて良いと思いますが、新しい環境で人間関係が改善される保証は無いことは理解しておくべきです。

基本的に仕事をする以上、何かしら人と関わざるを得ないと思いますので、人間関係を上手く築いていくことはとても重要なことです。

2.給料が低い、待遇が悪い

会社を辞めたいと考える理由として最も多いのが、給料が安い、待遇が悪いという金銭面の悩みとなっています。

まずは、あなたが将来実現したい理想の年収を決めてください。その金額が今の会社で到達できるか調査してみてください。

部長や課長といった目上の人達がどのくらい給料を貰っているのか、聞きづらいとは思いますが、聞けるのであれば聞くべきです。

今の会社で頑張って結果を出し、自分が部長や課長になったときに理想の年収が手に入りそうか分かっていれば、今の会社を継続して頑張るべきか、転職を考えたほうが良いのか早く結論を出すことができます。

高収入で待遇が良いとされる大企業に入れば問題は解決できると思いますが、そういった会社には高学歴かつ知識や経験が豊富なライバルが多く、競争率が高いため、それ相応の努力は必要です。

3.業務が忙しすぎる

IT業界(特にSE)でよく聞く話ですが、納期が近づくと、終電にも間に合わず、日を跨いで仕事をし、朝も早くから休憩もなしで働いているといったあまりにも過度に業務をさせられているといった悩みも少なくはないようです。

こういった悩みを抱えている人が一番に考えることは、健康についてだと思います。

もちろん肉体的な健康もですが、鬱にならないかといった精神的な健康についても考える必要があります。

体力もあり、メンタルも強ければ問題ないですが、そうでなければ早急に手を打つ必要があります。

人を増やしてもらう、外注化できることは外注にお願いする、業務量を減らしてもらう等投げかけてみましょう。

4.今の仕事にやりがいを見出だせない

今の仕事はやりたくてやっているわけではなく、つまらない。自分が思い描いていた理想と違った等、今の仕事にやりがいを見出だせないといった悩みも多いようです。

諦められない夢を持っていたり、こういった仕事をしてみたいという強い意志のある人はタイミングを見て、職を変えるのは大いに有りだと思います。

ですが、やりたいことは特にないが今の仕事はつまらない、やりがいがないと感じている人はよく考えるべきです。

好きなことを仕事にして、生活していけている人はほんの僅かで、多くの人はそうではありません。

趣味と仕事は別ということです。

職を変えてもいいですが、これをやりたいと強く思えるものを見つけるまでは動くべきではありません。

5.そもそも働きたくない

そもそも仕事が嫌いで働きたくないとなると、まずは仕事を好きになる必要があります。

スイッチが人それぞれ違うため、どうしたら良いか答えるのが難しいですが、プライベートの習慣を変えたり、ボランティア等の人に感謝されることをやってみて、人に感謝されることの喜びを味わうことで、仕事を頑張ることの楽しさが分かったりするのではないかと思います。

生きていく上では何かしらの仕事をせざるを得ないと思います。

働きたくないからと転職を繰返したりすると、次に転職するときに不利になったり、社会的に信用がなくなってしまいますので、今の会社で少しでも働くことが好きになれる努力をすべきかと思います。

メリットやリスクを考える

1.今の会社を継続してみる

メリット

  • 就職活動をする必要がない
  • 勉強してきた知識やスキルが活かせる

デメリット

  • 現状抱えている問題と継続して戦っていく必要が有る
  • 給与や待遇が大きく変わることは望めない

2.転職する

メリット

  • 環境を変える(リセットする)ことができる
  • キャリアアップが望める

デメリット

  • 業種によっては以前の会社で得た知識や経験が活かせない
  • 以前の会社と同じ悩みを抱えるリスクは有る
  • 就職活動が必要

3.起業する

メリット

  • 自分のやりたいことを自由にできる
  • 努力次第で収入を大きく増やすことができる

デメリット

  • すべて自己責任で進める必要が有る
  • 収入が不安定
  • 幅広い知識が必要

まとめ

会社を辞めたいと考えている人は、まず悩みの原因を考え、それを解消するためには、どんな手段が有るのか洗い出してみましょう。

さらにそれぞれの道に潜んでいるメリット・デメリットをよく考え、最善策を導いて下さい。最善策は人によって違いますので、あくまで考えるのは自分で自己責任となります。

人に相談するのも良いと思いますが、最終判断は自分となります。後悔しないよう冷静に状況を見て、決断していって下さい。

わたしが言えることは、今の会社で頑張ること、転職すること、起業することどれをとっても問題はないと思いますが、どういった形になっても全力で仕事に向き合い努力することが一番大切なことかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました