知っていると超便利なショートカットキー17選 【Windows】

仕事や学校などでパソコンを使って、資料を作成したり、論文を書いたり、メールを送ったりすることはないでしょうか。特に、事務業の人やネットビジネスをやっている人は、毎日欠かさずパソコンを触っているのではないでしょうか。

今日はパソコンを使用する上で絶対に知っておくべき、ショートカットキーについて説明致します。今まで知らなかったショートカットを知り、上手く利用できる場が有る人にとっては、かなりの効率化が図れるものも有ると思います。パソコンをよく利用する人は是非参考にしてみて下さい。(Windowsのパソコンが対象となります。)

知っていると超便利なショートカットキー17選

1.絶対に知っておくべきショートカット4選

【Ctrl + C】

CtrlキーとCキーを同時に押すことで、コピーすることができます。Copy(コピー)の頭文字ですので覚えやすいと思います。

【Ctrl + X】

CtrlキーとXキーを同時に押すことで、切り取りすることができます。Xの形はハサミに似ているので、「ハサミで切り取り」とイメージすると覚えやすいと思います。

【Ctrl + V】

CtrlキーとVキーを同時に押すことで、貼り付けすることができます。

【Ctrl + A】

CtrlキーとAキーを同時に押すことで、全選択することができます。All(全部)の頭文字ですので覚えやすいと思います。

ここまでの4つのショートカットキーは、非常に便利で汎用性も高いと思います。絶対に覚えて活用し、効率化を図りましょう。「Ctrl」、「C」、「X」、「V」、「A」キーは全てキーボード左側に密集している為、右手でマウスを操作しながら、左手のみでコピペや切り取りが行えます。

2.知っておくと得するショートカットキー13選

【Ctrl + Z】

CtrlキーとZキーを同時に押すことで、1つ前に戻すことができます。「Z」キーを押す度に前に前に戻すことができますが、ソフトにより戻れる回数の制限が有り、幾らでも戻せるわけではないので注意が必要です。

【Ctrl + Y】

CtrlキーとYキーを同時に押すことで、1つ先に進むことができます。間違えたと思って1つ前に戻したけど、やはり合っていたというときにCtrl + Yを実行することで戻した動作を戻すことができます。

【Ctrl + S】

CtrlキーとSキーを同時に押すことで、上書き保存することができます。Save(保存)の頭文字ですので覚えやすいと思います。

【Ctrl + B】

CtrlキーとBキーを同時に押すことで、文字を太字することができます。一度押せば太字に、もう一度押せば細字に戻すことができます。

【Ctrl + I】

CtrlキーとIキーを同時に押すことで、文字を斜体することができます。一度押せば斜体に、もう一度押せば立体に戻すことができます。

【Ctrl + P】

CtrlキーとPキーを同時に押すことで、印刷することができます。但し、印刷設定を先にしておかないとデフォルトの設定で印刷されますので注意が必要です。

【Ctrl + F】

CtrlキーとFキーを同時に押すことで、文字検索することができます。実行すると文字検索画面が立ち上がりますので、検索窓に検索したい文字を入力し、検索をすると文字が検索されます。Find(探す)の頭文字ですので覚えやすいと思います。

【F6】

文字入力中にF6キーを押すことで、全ての文字がひらがなに変換されます。

【F7】

文字入力中にF7キーを押すことで、全ての文字がカタカナに変換されます。

【Alt + Tab】

AltキーとTabキーを同時に押し、すぐに離すことで、ページの切り替えを行うことができます。もう一度実行すると元のページに切り替えることができます。エクセルを開いていて、裏でインターネットを開いていた場合、一度押すとエクセルからインターネットに表示が切り替わり、もう一度押すと、インターネットからエクセルに表示が切り替わります。

【Ctrl + +】

インターネット閲覧中にCtrlキーと+キーを押すことで、画面の拡大をすることができます。押せば押すほど倍率は上がっていきます。文字が小さくて見えない時などに利用すると便利です。

【Ctrl + ー】

インターネット閲覧中にCtrlキーとーキーを押すことで、画面の縮小をすることができます。押せば押すほど倍率は下がっていきます。

【F2】

ファイルの上でF2キーを押すと、名前の変更を行えます。マウスだと、右クリック→名前の変更と2段階ありますが、F2キーを押すだけで、名前が変更できるので便利です。

まとめ

以上、17ヶのショートカットキーのご紹介でした。Windowsのパソコンでしか使えませんが、この17ヶのショートカットキーだけでも知っていると、効率化が十分見込めると思いますので、是非、活用し業務や勉強に活かして見て下さい。まだまだ、便利なショートカットキーは存在するので、色々調べて見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました