何をやっても上手くいかない人必見!基礎力の身につけ方

スポーツや勉強や仕事など様々なことにおいて基礎や基本が大事と言われています。例えば、勉強において基礎が分かっていないのに、応用問題を解こうと思っても絶対に解けませんし、野球においては基礎ができていないのに、ホームランを打つなどできるはずがありません。しかし多くの人は早く大きな結果を出したいと焦り、いきなりホームランを打とうとしたり、応用問題を解こうとするのです。

本日は基礎力の重要性と身につけ方について説明致します。何をやっても上手くいかない人は是非、参考にしてみて下さい。

1.基礎の重要性

基礎が大切、基本が大事と言われますが、何故基礎を身につけることが重要視されるのでしょうか。それはあらゆる物事の土台で有り、揺るぎない軸になる為です。建物にも基礎が有るように、基礎がしっかりしていないとすぐ倒壊してしまいます。より大きくしっかりとした建物を建てるには、しっかりした基礎を築くことから始まります。勉強やスポーツや仕事でも同じで、基礎がしっかりすれば、より難しい問題が解けたり、難しい業務がこなせるようになったりするのです。しっかりした土台を築くことができれば、後は上に上にと成長していけるのです。しかも土台がしっかりしているので、上にいっても崩れることはありません。

基礎とは、将来の成長の為の土台作りのことなのです。

しかし、人間はワープしたがるのです。基礎がしっかり築けていないのに、難しいことに挑戦しようとしたり、無茶なことをしたりするのです。それは基礎作りというものが、地道かつ地味なことだからです。同じことを何度も繰り返し練習したり、同じ教科書を何度も読み返したり、やっていてつまらなくなることばかりなのです。少し練習しただけで、身に付くはずがないのに、つまらないから、身に付いたと言い聞かせ、先のステップへと踏み出してしまうのです。結果中途半端な結果しか出ず、何をやっても上手くいかないのです。
どんなに地味でつまらないことでも、基礎を疎かにしてはいけません。将来の自分を大きく成長させるためには、我慢強く基礎作りを頑張っていきましょう。

2.基礎力の身につけ方

基本的に基礎作りは地道で地味なことが多いです。では、どうやれば飽きること無く基礎作りを頑張り続けれるでしょうか。

まずは将来の自分の理想像を具体的に思い浮かべることです。そうすると、地道でつまらない基礎練習や勉強が何故必要なのか、何の為にやっているのかはっきりします。それを理解すると基礎作りに意味を見出だせるのです。やみくもに基礎作りをしようと思っても、目指すところが漠然としていると、モチベーションを維持できません。そうなると、基礎作りが嫌になり、基礎ができていないまま、次のステップへと進んでしまうのです。さらには結果が出るはずもないため、諦めて辞めてしまうこともあります。
それに対し、将来像がはっきりしていると、基礎作りを頑張ることで将来の理想像にこれだけ近づける。だからやらなければいけない。と基礎作りの大切さが分かってきます。

次に、目標と基礎作りのノルマを決めてあげましょう。いついつまでにこれだけ結果を出そう。そのために毎日〇〇を何回やろう。などと目標とノルマを決めてあげるのです。期限を決めることで、だらだらやることなく、自分を追い込む事ができますし、具体的な目標が有ると、努力の指針ができます。目標が定まると、期限内に目標を達成するために何をどれだけすれば良いかノルマが自然に導き出されるのです。

理想像が描けて、目標・ノルマが有る状態であれば、基礎作りも楽しくなってくると思います。「つまらない」を「楽しい」に変えることができれば、努力も辛くないですよね。全ては成長したい、夢を叶えたいという熱い情熱が持てるかどうかです。一度真剣に自分と向き合い、自己分析をして、熱い情熱を持てるものが何なのか探してみて下さい。たった一度きりの人生です。楽しんだ者勝ちですよ。

まとめ

基礎はとても大切なのですが、基礎を作る為の努力は、決して楽なものではありません。地味でつまらないものばかりです。だから目を背け、ワープしたがります。あなたも基礎練習や基礎学習から目を背けていないでしょうか。もしそうであれば、しっかり基礎に目を向け、基礎作りにフォーカスしましょう。そのために、自己分析をして、将来像を描き、目標を持って頑張っていきましょう。そうすることで、つまらなかった基礎練習、基礎学習は楽しくなっていくものです。どんなに有名なスポーツ選手だって、どんなに偉い学者だって、地道な努力があったからこそ、今活躍できているのです。将来色々な場面で活躍できるようあなたの土台となる基礎を少しずつで良いので、築いていきしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました