ダメな上司の10ヶの典型パターン【あなたの上司は大丈夫?】

あなたの上司は尊敬に値する人物でしょうか?

仕事の経験も豊富で、人生の先輩でも有る為、通常はあなたより知識が多く、仕事の幅も広いと思います。

そういった上司から色々なことを学び、成長していくものです。しかし、すべての上司が必ずしもそうとは限りません。

年功序列で実力もないまま上に立ってしまっている、「ダメ上司」が多くの会社に潜んでいます。

本記事ではダメな上司の典型パターンについて説明します。

あなたの上司はいくつあてはまるでしょうか。多くあてはまるようで有れば要注意です。上司との付き合い方を見直していきましょう。

ダメな上司の10ヶの典型パターン

1.部下を褒めず、愚痴ばかり言う

ダメな上司は部下を褒めません

いくら仕事で良い結果を出しても褒めることはしません。何かにつけて愚痴ばかり言うのです。

人の粗探しが好きで、粗を見つけては指摘してきます。

対して、良い上司は部下を素直に褒めてくれます。できるだけ部下の良いところを見つけようと目を向けてくれています。

もちろん叱る時は、叱ってくれますが、理不尽に叱ることはしませんし、何がダメなのか明確に伝え、次に同じことを繰り返さないよう指摘してくれます。

2.面倒事は部下に押し付ける

ダメな上司の典型パターンの1つとして、面倒事は必ず部下に押し付けます

楽な仕事ばかり好み、難しい仕事、面倒な仕事はすべて部下に回すのです。

自分は楽な仕事をさっさと終え、時間のかかる仕事をしている部下に対してまだ終わっていないのかと皮肉を言うのです。

良い上司は、仕事の振分けの基準が明確です。

この仕事は部下には未だ難しすぎるから私がやらなければいけない、この仕事なら任せれる、この仕事は難しいが、そろそろ部下に教えて行こうなど、仕事のレベルによって誰が対応するのが適切か見極め、適切な采配で仕事を振分けます。

3.責任逃れをする

ダメな上司は何か問題が起きた時に、責任逃れをします

「私は知らない」、「部下が勝手に判断してやったことだ」等、自分を守ることに必死です。

自分が一番大事で、怒られるのが怖いのです。部下がいくら怒られようと、なんとも思っていません。

良い上司は、問題が起きた時に、「私の責任です」、「私の管理不足です」と部下を守ってくれます。

怒られるのはまず自分だと思っており、その後、部下と真剣に話をしてくれるのです。

4.人によって態度を変える

ダメな上司は人によって態度をコロッと変えます

一度嫌われてしまうと徹底的に態度を変えてきます。個人的な感情で人を判断し、仕事の頑張りを正当に評価しません。

いくら部下が必死で頑張っていても嫌いな部下に対しては、評価をことごとく下げます。

自分の都合の良いように動いてくれるお気に入りの部下に対しては、さほど頑張っていなくても評価を上げるのです。

良い上司は、人によって態度を変えたりしません。

それぞれ良いところ、悪いところを見出し、良いところは伸ばしてあげようと、悪いところは改善してあげようと、真剣に向き合ってくれます。

純粋に仕事の頑張りを見て評価してくれるので、部下も自然に頑張ろうと思えるのです。

5.説教が長い

ダメな上司は説教が長いです。

一度説教が始まると止まりません。最初は説教のきっかけになったあなたの失敗等についてグダグダ小言を言われ、それが終わると、今の失敗と全く関係のない不満話しが始まりまるのです。

長々説教が続くと、部下は何故怒られているのかがわからなくなってきます。

良い上司は、説教が短いです。

何故失敗したのか聞き出し、次に失敗を繰り返さない対策を発言させて終わります。

今の問題と関係のないことは一切話さないので、部下は問題が何だったのか、原因と対策がはっきりして、次に失敗を繰り返す事がなくなります。

6.部下に感謝を示さない

ダメな上司は部下に感謝を示すことはありません

いくら部下が上司のフォローをしようとも「当然だ」と思っており、感謝の言葉を部下にかけることはありません。

それどころか部下のフォローを自分の手柄に変え、自分の評価をあげようとするダメな上司もいます。

良い上司は部下に素直に感謝を示します。

部下がフォローしてくれれば、「ありがとう、助かった」と素直に感謝を伝えてくれます。

尊敬する上司から「ご苦労だった」、「よくやった」と褒められると嬉しいもので、頑張っていこうと思えます。

7.ダメ出しは多いが、具体的なアドバイスはしない

ダメな上司は、ダメ出しが多いが、具体的なアドバイスはくれません

「ダメだ」、「やり直しだ」、「こんなこともできないのか」とやたらとダメ出しをしてくるくせに、「ここはこうしたら良くなる」、「ここはこのように直しておいてくれ」等と具体的なアドバイスをくれることはありません。

良い上司は、ダメ出しはせず、具体的なアドバイスをくれます。

「ここはこうしたらもう少し良くなると思う」、「こうしてみたらどうかな」とあくまで判断は部下に任せてくれますが、参考となる具体的なアドバイスをくれるのです。

8.自分には甘いが、人には厳しい

ダメな上司は、自分には甘いが、人には厳しいです。

自分のことは棚に上げて人には指摘したり、自分ができないことを人に押し付けたりします。

良い上司は、人にも(いい意味で)厳しいですが、その分自分にも厳しくしています。

決して自分にできないことを人に要求したり、自分のことを棚に上げて、人を指摘することはしません。

人に指導できる人間であろうと自分には人一倍厳しくストイックに仕事をしているのです。

9.やたら残業したがる

ダメな上司は、やたら残業したがります

意味のない残業をしたり、仕事に追われている部下を捕まえ、グダグダ世間話をしてくるのです。

良い上司は、残業が少なく、部下より早く帰ります。

仕事の効率が良いこともありますが、仕事ができる人はプライベートの時間も大切にしています。

また、部下のことを気遣い、部下より早く帰ることで、部下が帰りやすい空気を作ってあげているのです。

10.部下の意見を聞こうとしない

ダメな上司は、部下の意見を聞こうとしません

自分の意見が絶対と思っており、部下になんと言われようと考えを変える気がありません。

いくら部下が良い意見を言っていたとしても耳を貸すことはありません。

良い上司は、部下の意見をしっかり聞いてくれます。

部下の意見が良いと思えば、その意見を取り入れてくれます。

柔軟な思考を持っており、常に最適な発想を出せるよう、自分の意見と人の意見のそれぞれ良いところを取り入れようとするのです。

まとめ

さてあなたの上司はいくつ当てはまったでしょうか。

5つ以上当てはまったら要注意かと思います。

そういった上司には、基本的に何を言っても変わってくれません。

人を変えるには、まず自分を変えていったり、それでもダメなら最悪、会社を変えたり、部署を変えたり何かしらの対策が必要かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました