やる気が出ないのは当たり前のこと!?【それでも行動を続ける方法とは】

今年の夏は絶対ダイエットしよう!

英会話をはじめてみよう!

楽器弾けたらカッコいいし、ギターでもやってみよっかな!

など、何かに刺激を受け、なにか始めてみよう、頑張ってみようと決意したことはありませんか?

始めてみたものの、結局三日坊主でやめてしまったり、思うようにいかず挫折してしまったり、決意した当初の強いモチベーションはすぐに消えてやめてしまうという経験はないでしょうか。

本記事では、行動を継続させる方法について解説いたします。

何か挑戦したいことが有るのに、なかなかやる気が継続しないとお悩みの方は必見です。行動を継続していくコツが分かります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

やる気が出ないのは当たり前のこと!?それでも行動を続ける方法

1.やる気が出ないのは当たり前という事実を知っておく

まず、やる気が出ないのは当たり前ということを知っておいてください。

どういうことかと言うと、基本的に人間のやる気はすぐに消えてしまうものなのです。

よほど強い意志や危機的な状況にさらされている場合であれば、わかりませんが、そういった状況であれば、むしろやらないといけないという思いが強いだけで、やる気に満ち溢れてるとは言えないのではないでしょうか。

何かの刺激があったとき、やってやろうと一時的にやる気が出るのですが、いざ行動を始めると思いの他しんどかったり、結果が出なかったり、困難な状況を迎えたり、失敗してしまうと、すぐにやる気など消えてしまいます。

その結果、やろうと決意した日のことを忘れ、行動をやめてしまうのです。

人それぞれ持続の期間の差は有るでしょうが、高いモチベーションでやる気を持続し続けれる人はそういません。

まずは、やる気なんか出ないという事実を知っておいてください。

基本的にやる気はすぐなくなるので、定期的に刺激を求め、やる気を補給してあげると良いです。

頑張っている人に会ったり、プロのコンサートに行ったりして、刺激を受ければ、やる気は一時的ですが高まります。

2.具体的な目標を立てる

では、行動し続け、結果を出している人たちはどのようにやる気を維持し、行動を続けているのでしょうか。

結果を出している人は、目標を持っています

なんとなくの目標ではなく、しっかりと具体的な目標を常に持っています。

  • 今年の7月迄に10㎏痩せる!
  • 1年でこの英語の参考書をマスターする!
  • 次のギターコンクールで優勝する!

など、目標を立てているのです。

さらに、いつまでにその目標を達成するかという期限も決めて目標を立てています

その為になにをどのくらいやれば良いか、日々の具体的なやるべき行動が見えてくるのです。

  • 毎日腕立て、腹筋、背筋30回やろう!
  • 1日4ページは新しい内容の学習と、前日の復習4ページ分やっていこう!
  • 毎日1時間基礎練習、2時間課題曲の練習をしよう!

など日々のやるべきことを決めます。

ただ漠然と、痩せたい、英語を話せるようになりたい、ギターが弾けるようになりたいと思うだけでは、いつまでにどれだけ行動をすれば良いのかわかりません。

行動を続ける為に具体的な目標を立ててみましょう

3.感情を抑えてただひたすらに行動する

行動を始めようとすると、あなたの内に秘めた小悪魔が

面倒くさい今日は疲れているし昨日は頑張ったから

と囁き、マイナスの感情があなたの行動を阻止してきます。

これがものすごいやっかいなのです。

何かにつけて今日やらないで良いような言い訳になることを囁いてきます。

囁きに負け、今日は良いか、また明日、今日の分もやろうと、今行動することをやめてしまいます。こうなると明日も、明後日も行動しなくなっていきます。

一度、このループに入ると、簡単に抜け出せなくなります。

やがて目標もなかったことになり、やる気なんか1㎜もなくなって、結果行動をやめてしまうのです。

こうならない為には、感情を抑えてただひたすらに行動するしかありません

感情を入れる隙を与えないのです。

朝起きてすぐ行動、会社や学校から帰ったらすぐ行動する。

余計なことは特に何も考えず、決めたことをやるだけにする。

思考を単純化し、「行動する」以外の思考を排除し、まずは行動を進めてください。

行動する前にウダウダ余計なことを考えるから、悪魔が囁いてくるのです。

4.毎日行動する

基本的に毎日行動しましょう

これが継続するコツです。

1週間に1回、1ケ月に1回などは少なすぎます。

毎日行動しましょう。

歯磨きしたり、お風呂に入ったりすることは毎日疑問を抱かず、当たり前に毎日やっていますよね。

決めた行動もお風呂に入るレベルで当たり前のことにしてしまいましょう。

最初はしんどいかもしれませんが、慣れてしまえば、習慣化され、行動することが当たり前になってきます。

毎日行動し、習慣化する

これが継続のコツです。

5.無理はしない

何かに向けて、行動をする上で最も大切なことは、行動し続けることです。

継続できず、辞めてしまっては、すべてが無駄になってしまいます。

継続していくためには無理をしないことです。

目標もできる範囲で立てれば良いですし、行動も最初は毎日やらなくてもいいです。徐々に頻度を上げて行けばいいのです。

慣れてくれば、徐々にハードルを上げていきましょう。

また、体調が悪いときや、精神的に参っているときにも無理する必要はありません。

計画的にであれば、休みの日を設けることも全然有りです。

ただし、自分に甘くなりすぎても結局行動をやめてしまうことにつながるので、適度に自分に厳しくすることが大切です。

まとめ

行動を続ける上で、やる気が出ないのは当たり前なのです。

やる気が出ない上で、自分をどうやって行動させてあげれば良いのか考えることが重要なのです。

やる気がないから行動できないのではなく、やる気がなくても行動できるようになれば良いのです。

行動を続けていれば、いつかは結果が出ますので、結果が出始めたら、一気にやる気も高まり、より行動を続けられるようになります。

それまでは、しんどいかもしれませんが、思考を単純化し、行動することだけを考え、行動を続けていきましょう。

本日は以上となります。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました