コミュニケーション能力が高い人が持つ特徴とは

コミュニケーション能力を高めたいと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

上手く意思疎通が図れない

人見知りで上手く話せない

よくすれ違いが起きてしまう

このような悩みから人とコミュニケーションを取ることが怖くなっていませんでしょうか。

対して、誰にでも社交的で、意思疎通が上手い、コミュニケーション能力の高い人もいます。

どんな仕事についても人と関わることは避けて通れません。

できればコミュニケーション能力を高め、円滑な人間関係を築けるようになりたいものですよね。

本記事では、コミュニケーション能力が高い人が持つ特徴について解説致します。コミュニケーション能力を高めたいと考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

コミュニケーション能力が高い人が持つ特徴とは

1.聞き上手

コミュニケーション能力が高い人は聞き上手です。

一見、話すのが上手いのがコミュニケーション能力が高い人の特徴と思われがちですが、話すことよりも、聞く能力が高い人が多いのです。

相手が話している内容をよく聞き、理解し、同調するのです。

話している側の人は、

この人は真剣に自分の話を聞いてくれている

と、気分が良いと感じるようになります。

自分を主張しようと、自分の言いたいことをひたすら話すだけではコミュニケーションを上手くとることはできません。

話が下手な人は、コミュニケーションが取れないと思っているかもしれませんが、聞き上手になり、聞く力を高めるだけで、コミュニケーションは上手くとれるようになります。

まずは、相手が話しているときはしっかり相手の話に集中し、相手の主張をくみ取ったり、何を伝えたいのか理解するようにしましょう。

2.相手を全力で理解しようとする

コミュニケーション能力の高い人は、相手を全力で理解しようとしています。

職業、趣味、家族構成、年齢、出身

などから、性格、思考についても理解しようとしています。

相手を深く理解することで、コミュニケーションが円滑になることを知っているのです。

人間は自分を理解されて、人を理解しようとするのです。

これを知っているため、まずは自分を知ってもらうのではなく、相手を先に理解します。

そうすることで、相手はあなたに心を開いてくれるようになります。

コミュニケーションを上手くとるコツは、まず相手を理解することなのです。

3.話をまとめ、相手がわかりやすく話す

コミュニケーション能力が高い人は、話をまとめるのが上手く、分かりやすく話をします。

話にまとまりが有り、相手も何が言いたいのかすぐ理解ができます。

話の主張がブレないので、途中で話が脱線したり、逸れたりしない為、何を話しているのか、この会話の意味は何なのかがお互いに明確になります。

さらに、長々、ダラダラと話をしません。

端的に話をまとめて、要点に的を絞り、話を進めます。

そうすることで、上手く相手に言いたいことを伝えているのです。

4.会話の引出しが多い

コミュニケーション能力が高い人は、会話の引出しが多いです。

できる営業マンの典型的な特徴の1つですが、あらゆる年齢層のあらゆるタイプの担当者に合わせた会話がいつでもできるよう、会話の引出しにいろいろなネタをしまい、いつでも引き出せるようにしています。

ゴルフが好きな人にはゴルフネタを、釣りが好きな人には釣りのネタを振ってあげることができれば、会話が弾み、仲が深まるのは当然です。

誰しも初対面の人とすぐに会話が弾み、仲良くなれることなど殆どありません。

だから、計画的に誰と、どんな会話でもできるようなネタを引出しに溜め込んでいるおく必要があるのです。

このことから分かるように、コミュニケーションは向き不向きだけでは無いということです。

努力して、計画的に話のネタを作っておけば、誰しもある程度はコミュニケーションを上手くとれるようになるのです。

人付き合いが向いていないと決めつけている人は、本当に努力していますか?

5.笑顔を意識している

コミュニケーションの基本は笑顔です。

これにつきます。

笑顔で向き合ってくれた相手には、誰しも好印象を抱きます。

笑顔にも向き、不向きなどありません

作り笑顔の練習をしましょう。

最初は引きつった、如何にも作り物の笑顔しかできないかもしれません。

ですが、練習していくうちに、作り笑顔が自然な笑顔の表情に近づいていきます

コミュニケーションを図る上で笑顔は最強です。

本気で努力し、笑顔の練習をしていきましょう。

まとめ

コミュニケーション能力を高めるためには

  • 自分を主張するのではなく、相手を知ろうとすること
  • 笑顔でいること
  • 会話の引出しを常に準備しておくこと

この辺りを意識しておきましょう。

さらに、向き不向きで片付けるのではなく、会話ネタを調べたり、笑顔の練習をしたりといった努力をしていきましょう。

では、本日は以上となります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました