働かない上司にイライラしない3つの対処法

  • 自分はバタバタ忙しく働いているのに、なぜ上司はいつも暇そうにしている
  • 簡単な仕事はやるのに、難しい仕事や面倒くさい仕事はやらない
  • 出勤してから帰るまでずーっとネットサーフィンをしている

こういった働かない上司は、あなたの会社にも潜んでいるのではないでしょうか。

わたしが勤めている会社にも、働かない上司は何人もいます。

もちろん、尊敬できる上司もいますが、年功序列で実力もないまま上に立っている人がたくさんいるのが現状です。

働かない上司を見て、あなたは

何故自分だけこんなに忙しいんだ!

ちょっとは手伝え!

楽な仕事だけして自分より給料が良いなんか許せない!

とイライラしていませんか。

イライラするのは分かりますが、実はそれはあなたが損をしています

本記事では、働かない上司にイライラしない3つの対処法について解説いたします。

この記事を読むことで、働かない上司にイライラしない対処法がわかります。

上司に日々イライラし、ストレスが溜まっている方は必見です。ぜひ参考にしてみて下さい。

働かない上司にイライラしない3つの対処法

わたしも昔は、働かない上司にイライラ憤りを感じていました。

時には感情的に反発したり、意見したりして、働かない上司を何とか変えたいと思い、戦っていきました。

ですが、結果何も変わらず、イライラするだけ損だという結論になりました。

そこで、働かない上司とはどう対応していけばいいか自分なりに考え、効果があったと感じた3つの対処法についてご紹介いたします。

今では、イライラすることも0ではありませんが、ほとんどなくなりましたし、少しずつですが上司の対応に変化も感じています。

ぜひ、あなたの職場でも試して頂ければと思います。

1.上司のことは気にせず、ひたすらに働く

まずわたしが最初に行った方法は、上司のことは気にせず、ひたすらに働くことです。

今までのわたしは、働かない上司を変える為にはどうしたら良いかということをひたすら考え、変わってもらうために意見したり、反発を繰り返していました。

ですが、下からの意見に耳を貸すはずもなく、何も変わりませんでした。

そこで、働かない上司に対しての自分の対応を変えようと考えました。

働かない上司をある意味で許容し、戦うことをやめました

働く気が無い人はほっておいて、ひたすら働き、結果を出そうと自分を磨くことに集中しました。

長い道のりでしたが、数年間続け、周りから認められるような結果を出すことができました。

結果何が起こったかというと、働かない上司が働くようになったということは残念ながらありませんが、働かない上司の存在感が小さくなっていったのです。

わたしの成長とともに、発言権が少し高まったように感じます。わたしが言うのであればといってくれることも増えていったのです。

そうすると、少しずつ働かない上司の対応も変わっていきました。

こちらからお願いした仕事はやってくれるようになったり、物腰が柔らかくなったり、明らかに対応が変わったのです。

長い時間は要してしまいましたが、今ではストレスは殆ど感じなくなりました。

この話で私が一番伝えたいことは、自慢したい訳ではなく、

他人の意見や行動を変えることは限りなく無理ゲーということ。

人は他人に何か言われて簡単に変わることは有りません。

まして、部下が上司を変えるのは、RPGでレベル1のまま、ラスボスに挑むくらい無理ゲーです。

まずは自分を変えることが超重要!

結果的に相手の対応も変わってくるのです。

一度、上司を変えようという発想を捨て、ひたすらに仕事に向き合ってみて下さい。

長い時間がかかるかもしれませんが、あなたの成長とともに少しずつ上司も変わっていってくれると思います。

2.信頼できる味方を作る

自分と向き合い、ひたすら仕事を頑張ることが必要なのですが、一人で突き進むのは非常に骨が折れます。

会社にはたくさんの人がいると思います。人それぞれ仕事観をもち、いろいろな考えで仕事をしています。

その中であなたと仕事観の合う、仕事において信頼をおける人を探してみて下さい。

実際にわたしも何人か仕事観の合う、信頼できる人を見つけることができた為、何年も頑張ってこれたと思いますし、この人たちがいなかったら、心が折れていたのではないかと思います。

それくらい、心の支えになりました。

時には仕事について熱く語り合ったり、働かない上司の愚痴を言いあうことでストレスを溜めることなく、仕事に向き合えました。

ぜひ、あなたの職場でこういった心の支えとなってくれるような人を探してみて下さい。

3.適度にご機嫌をとっておく

働かない上司に対しては、反発よりもご機嫌をとっておくほうが賢いです。

反発し、何か変われば意味は有るのですが、基本的に変わることなど期待できません。

であれば、反発してもお互いにイライラし、結局損をするのはあなたです。

あなたが大人になり、イライラを表に出さず、はいはいと適当にご機嫌をてっとおきましょう。

上司をあなたの手の上で転がすのです。

生意気な奴と思われなければ、理不尽なことを言われたり、評価を下げられたりすることはないので、自分の成長に目を向けることができます。

下手に出るのですが、実は自分が上司を上から操作していると考えればイライラすることも減るのではないでしょうか。

まとめ

上司にイライラしないように

  • 上司を変えるのではなく、自分を変える
  • 信頼できる味方を作る
  • 適度にご機嫌を取る

この3つの対処法をおすすめいたします。

働かない上司にイライラする時間がもったいないです。自分を高めることに集中しましょう。

最終的に働かない上司よりも上に立ち、部下として遣ってやる

くらいの意気込みで頑張りましょう。

では、本日は以上となります。ありがとうございました。

 

こんな記事も書いています。

⇒ダメな上司の10ヶの典型パターン【あなたの上司は大丈夫?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました