就活の基本。履歴書と自己紹介書の書き方【ライバルとの差別化】

これから就活なんだけど、履歴書ってどう書けばいいの?

自己紹介書って何なの?

などと、お悩みではないでしょうか。

本記事では、履歴書の書き方と自己紹介書についてわかりやすく解説いたします。ぜひ参考にしてみてください。

1.履歴書の書き方

1-1.履歴書を書くポイント

  • 手書きで、丁寧に書く
  • 黒色のボールペンで書く
  • 印鑑を押す場合、最初に押して置く

字のキレイさは人それぞれですが、丁寧に見やすく書くようにしましょう。

採用の人が、雑に書かれてある履歴書と丁寧に書かれた履歴書を見た時にどちらに好感が持たれるかは言うまでもありませんよね。

また、印鑑を押印するのが上手い、絶対に失敗しないと自信のある人は良いのですが、そうでない人は必ず履歴書を書き始める前に押印しておきましょう。

せっかく、全て書き終えたのに、印鑑が斜めになったり、一部が写っていなかったりすると、最悪その履歴書は破棄し、書き直さなければいけません。

最初に押印し、問題がなければ書き始めるようにすればこの心配はなくなります。

1-2.履歴書の役割

履歴書はあなたの基本情報となります。

企業とのやり取りで書類が郵送されたり、メールで連絡を取る場合が有ります。不備があると連絡がとれませんので、間違えないよう正しく書くことが大切です。

また、大丈夫だとは思いますが、なんとか入社したいと思い、学歴を詐称したり、持ってもいない資格を書いたりしては絶対いけません。

仮に入社が決まっても、卒業証明の提出を求められるとすぐにバレて大問題となってしまいます。

ありのままの自分の情報を知ってもらうのが履歴書の役割です。

余程のことがない限り、履歴書だけで不採用になることは少ないです。

逆に、余程の高学歴でない限り、履歴書でライバルとの差別化は難しいです。

履歴書はとくに深く考えず、ありのままの情報を書けば良いです。

その分、次に説明する自己紹介書をしっかり書き込み、ライバルとの差別化を図っていきましょう。

2.自己紹介書の書き方

2-1.自己紹介書とは

履歴書と併せて提出を求められるものですが、企業によっては履歴書のみでいい場合も有ります。

自己紹介書には自己PRや志望動機を詳しく記載しますので、あなた自身をより知ってもらい、自分の売りをアピールできる大切な書類になります。

履歴書では、ほとんど差は出ませんが、自己紹介書の内容で大きく差は出ます。

良く自己分析を行い、自分の強み・弱みを把握したり、しっかり企業調査を行い、なぜこの会社を選ぶのか明確にしておきましょう。

2-2.自己紹介書に書く内容

企業から指定がある場合は、その内容について書きましょう。

良く挙げられるのは

  • 自己PR
  • 趣味・特技
  • 取得資格
  • 志望動機
  • 学生時代に経験した活動(サークル、ボランティア等)
  • 強み・弱み
  • 研究内容
  • 学生時代に頑張ったこと

などです。

まだ、就職活動まで時間が有るのであれば、これらに記載できるエピソード作りのために、何かに力を注ぎましょう。

留学に行ってみたり、サークルの部長を務めたりすると、ライバルとの差別化ができるのでおすすめです。

また、履歴書と同じように、自分を無理に大きく見せようとせず、ありのままを書くようにしましょう。

2-3.自己紹介書の書き方

では、具体的にどんな内容について書けば良いのでしょうか。順番に見ていきましょう。

【自己分析、企業調査】

いきなり書き始めても、何を書いて良いのか整理できていないので、良い自己紹介書を書くことはできません。

まずは、自己分析と企業調査をしっかりしましょう。

この作業は面接でも非常に役に立つので、手を抜かず時間をかけてしっかりとやっていきましょう。

【自己分析】

自分を自分で見つめ直し、分析します。客観的に自分を見ることがポイントです。

  • どんな学生生活を送ってきたか。何を頑張ったか。
  • 自分の強み・弱みは何か。
  • 学生生活を通して学んだことは何か。
  • 他の人がやっていないようなことをやっていないか。

など、良く考えてみましょう。

例)

  • どんな学生生活を送ってきたか。何を頑張ったか。⇒サークルで部長を務めていた。
  • 自分の強み・弱みは何か。⇒強み「協調性」、「継続力」が有る。 弱み「優柔不断」なところが有る。(※根拠、エピソードも必要)
  • 学生生活を通して学んだことは何か。⇒サークル活動を通じて、努力することの重要性、コミュニケーションの大切さを学んだ。また、講義を通じて、設計やプログラミングの基礎を学んだ。
  • 他の人がやっていないようなことをやっていないか。⇒留学経験が有る。
【企業調査】

入社したい企業について、調査をします。今だとほとんどの会社がホームページを持っていますので、ホームページから企業理念や経営理念、どういった業種でどういった製品・サービスを提供しているのかなど調査します。

例)

  • 業種:製造業
  • 経営理念:環境に配慮した、地球に優しい製品作りを追求し、地域社会に貢献する
  • 仕事内容:営業、工程管理、設計、調達等
  • 提供している製品・サービス:自動車関係の部品の製造

といった情報をピックアップしていきます。

自己分析と企業調査をしっかりしておけばおくほど、自己紹介書を書くのが早くなり、まとまりのある良い文書が書けます。

面倒臭がらず、しっかり時間をかけてやっておいて下さい。

・自己PRの例文

私は大学の時に、吹奏楽サークルに所属していました。入部当初は、楽器経験もない全くの初心者でしたので、少しでも早く上達できるようサークルが終わったあとも、個人練習をして、コツコツ努力を重ねてきました。大学3年になったときには、努力が実り、演奏技術が認められ部長を務めることになりました。部長という立場をいただいてからは、後輩に技術を教えたり、コンクールに向け打ち合わせをしたり、サークル活動を通じて「協調性」を養うことができました。
また、4年間コツコツと努力を続け、成長できたことから「継続力」が有ることも強みの1つだと思います。しかし、大きな決断や判断を迫られたとき、素早い判断ができず悩んでしまう「優柔不断」な所があり、ここは自分の弱みと認識しています。
私の強みである、「協調性」、「継続力」を、御社でも活かし頑張っていきたいと考えております。

自己分析で挙げた自分の強みについて、具体的なエピソードを付けて、根拠付けしてあげることで説得力が増します。

逆にエピソードが無いと、何を根拠に「協調性」、「継続力」が有るのかわかりません。

・志望動機の例文

私は環境に配慮した、地球に優しい製品作りを追求し、地域社会に貢献するという御社の経営理念に魅力を感じ、志望させて頂きました。
私は小さい頃から、プラモデルや玩具の車を組立てることが好きで、ものづくりに興味が有りました。また、大学では、機械工学や設計、プログラミングの基礎について学んでいました。
大学時代に学んだPCスキルを活かし、社会に役立ち、地球に優しいものづくりの設計に貢献していきたいと考えております。

何故、その会社でないといけないのかアピールしましょう。また、面接の際も志望動機はほぼ間違いなく聞かれますが、受け答えによってどれだけ企業調査ができているかはっきりします。

しっかり企業調査を行い、あなたの本気度を伝えましょう。

まとめ

履歴書、自己紹介書の書き方について、わかりましたでしょうか。

どちらもありのままをシンプルに書くことが大切です。良く見せようと長々と色々なエピソードを書いてはいけません。

主張、理由、具体例が完結にかかれている方が、人事の人もわかりやすく好印象です。

何度も言いますが、良い履歴書、自己紹介書を書くには、自己分析企業調査は必須です。

しっかり時間を掛けてまとめていきましょう。

また、何社も受ける可能性が有りますので、完成させた履歴書、自己紹介書はコピーし保管しておきましょう。

では、本日は以上となります。ありがとうございました。

 

就活中の方におすすめの記事

就活の服装にお悩みの方へ【印象の良い服装選びのポイント】
就活での服装選びに悩んでいませんでしょうか?本記事では、就活の服装について、好印象を与える服装選びのポイントについて解説致します。初めて就職活動で色々とわからないことが有るという方は是非、参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました