就活の服装にお悩みの方へ【印象の良い服装選びのポイント】

一昔前は就活の服装と言えばスーツが主流でしたが、今では、私服の指定があったり、服装自由といった企業が増えていっています。

私服って言っても、どんな服でも良いの?

服装自由の場合でもスーツの方が好印象なの?

と悩んでいませんでしょうか。

本記事では、就活の服装について、好印象を与える服装選びのポイントについて解説致します。ぜひ参考にしてみて下さい。

1.就活の服装にお悩みの方へ【印象の良い服装選びのポイント】

1-1.スーツ指定の場合

リクルートスーツを最低1着準備しておきましょう

スーツ指定の企業は、きちんと規則を守れるか誠実さまじめさ等を重要視していると考えれます。

派手な服装で個性を出して行くとマイナスの印象を与えかねません。

こういった企業の面接には、無難な服装が好印象を与えますので、あまり個性を出さないようにしましょう。

スーツ予算

一般的に1~3万円くらいが相場と言われています。特に高いスーツだから良い、安いスーツだと悪い印象を与えてしまう等はないので、自分に合ったもの、気に入ったものを買いましょう。

濃紺ベター。最も主流で色々な場面で使えますので、どちらかの色を選べば間違いないでしょう。

無地の物を選びましょう。ストライプなどが入った物は場合によっては悪い印象を与えてしまう場合も有ります。

ワイシャツ

ジャケットの中に着るワイシャツは無地白色の物を選びましょう。

ネクタイ

何色を選んでも問題は有りませんが、派手すぎるものやキャラクターの柄が入ったものなどは避けましょう。

黒色ひもの物を選びましょう。一見、靴はあまり目立たないように思えますが、しっかり見られていますので、注意しておきましょう。

靴下

黒色無地のものを選びましょう。

スーツ指定の場合は上記の物をショップ店員さんと相談しながら、決めて行けば、問題ないと思います。

面接当日は、襟が曲がっていないか、ネクタイが曲がっていないか、シャツにシワはよってないか事前に確認しておきましょう。

また、夏場であっても、ジャケット、ネクタイ不要の指定がない場合は、来ていくこと。

冬場はコートを着て行っても良いですが、会社に入る前に事前に脱ぎ、綺麗にたたみ、脇にかかえていきましょう。

1-2.私服指定の場合

私服指定の場合、企業側は服装は特に気にしていない場合が有ります。単純に気軽にきてくださいという配慮も有ると思います。

とは言え、あまり奇抜な服装や派手すぎる服装はやめましょう。

オフィスカジュアルビジネスカジュアルという着こなしが、スーツよりカジュアルだけど、ある程度フォーマルで良いです。

オフィスカジュアルについては下記サイトに詳しくまとめられていましたので、参考にしてみて下さい。

⇒社会人にオススメ!ビジネスカジュアルの基本と選び方のコツ

オフィスカジュアルを着こなし、しっかり面接で受け答えできるよう準備しておきましょう。

1-3.服装自由の場合

服装自由の場合、企業側はあなたの個性を見ていると考えれます。

このケースでは、スーツを着ていくと個性がないとマイナスに捉えられる場合もありそうです。

個性的な商品を売りにしている企業では、クリエイティブな発想ができる、少し個性を持った人が欲しいといったケースが有り、少し攻めた服装が逆に好印象となる可能性もあります。

正直、企業によって判断基準が違うので、正解はありません。

企業の社風や理念を良く調べ、個性を必要としているようであれば、少し攻めてみるのも良いかと思います。

2.服装は第一印象の大きな要素

第一印象は非常に重要です。人は第一印象の50%以上を視覚による情報で判断していると言われています。面接官も同じです。

あなたが試験会場のドアを開けてから、数秒の間にあなたに対する印象が付けられるのです。

どんな服装であっても、一番意識しないといけないことは「清潔感」です。

綺麗にクリーニングされたスーツやシワのないシャツ、綺麗に磨かれた靴を着ている人に悪い印象を持つ人はいないと思います。

スーツでなくても、私服であっても清潔感は意識しておきましょう。

また、服装以外にも、髪型あいさつ姿勢表情なども第一印象の大きなポイントとなりますので、当たり前のことですが、髪はきっちりセットし、ハキハキとした受け答え、姿勢はまっすぐ、笑顔で話すなど、適切な対応を心がけ、第一印象で良い印象を与えましょう。

面接官に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえる印象を与えることがポイントです。

まとめ

就活の服装選びにお悩みの方は、参考になりましたでしょうか。

時代の流れとともに面接の内容も変わっていっています。

人にも個性が有りますが、今は企業にも個性が有ります。

自分が入社したい企業について、よく調べ、企業が求める人材を予想し、フォーマルな服装が良いのか、カジュアルな服装が良いのか、決めることが大切です。

服装選びから戦略的に就活を進めて、ライバルに勝っていきましょう。

それでは、本日は以上となります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました